« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

読みました(洋書/教育) ~ Helping Children Succeed

ベストセラーになった"How Children Succeed"(邦題「成功する子 失敗する子」)の続編とも言うべき作品です。前作がとても興味深かったのと、フローレンス代表の駒崎氏が邦訳「私たちは子どもに何ができるのか」のまえがきを書いていることもあり、読んでみました。

前作の"How Children Succeed"で、子供たちが将来うまくやって行く為には、Grit、Perseverance、Resilience、Zest、Curiosityといったnoncognitive skillsを身に付けることが大切だ、という結論になったのですが、「それでは、子供たちにそのようなスキルを身に付けさせる為には、一体どのようにしたら良いのか?」という残された課題について考察しているのが、本書になります。

大まかな著者の主張としては、「そのようなスキルを子供たちに直接的に教え込むことはできない。そのようなスキルを身に付けられるような環境を子供たちの周りに整える必要がある。」ということだと思います。

Rather than consider noncognitive capacities as skills to be taught, I came to conclude, it's more accurate and useful to look at them as products of a child's environment.

If we want to improve a child's grit or resilience or self-control, it turns out that the place to begin is not with the child himself. What we need to change first, it seems, is his environment.

乳幼児期であれば、家庭で、若しくは幼稚園等で、子供たちの言葉・行動・様子に暖かく反応してあげれる環境を作ることが大切、とのことです。

These rudimentary interactions (="serve and return" interactions) between parents and babies, which can often feel to parents nonsensical and repetitive, are for the infants full of valuable information about what the world is going to be like. More than any other experiences infants have, they trigger the development and strengthening of neural connections in the brain between the regions that control emotion, cognition, language, and memory.

But first, before they set foot in preschool, they need to spend their first three years in an environment with plenty of responsive, warm and serve-and-return interaction with caring adults. And if they can't get that at home, they need to get it at a place like Educare.

学校に行くようになれば、やはり子供たち一人一人の話をしっかり聞き、一人一人への期待をしっかり伝えると共に、一方的に講義をするのではなく、自主的・主体的に学べるような環境、子供たちの3つの欲求(competence, autonomy and relatedness/belonging, independence and growth)を満たすような環境を作ってあげることが大切、とのことです。例えば、グループワーク等で、子供たちの能力を少し超えるような課題にチャレンジさせる、等。厳しい規則を決めたり、ご褒美等のインセンティブを与えたりしても、殆ど効果はないようです。

The way kids learn that (=character) is by continually being compelled and supported to take risks - by sharing their work with their parents, by sharing thier work with groups, by speaking out in class, by presenting their work.

In order for a student to truly feel motivated by and about school, he also has to perceive that he is doing important work - work that is challenging, rigorous, and deep.

The experience of persisting through an intellectual challenge and succeeding despite the struggle is a profound one for school-children...It produces feelings of both competence and autonomy...

また、そのような環境を作る為には、子供たちだけでなく、環境を作る主体である親や先生たちも同様にサポートしていく必要がありそうです。

本書は、一章が短く、ポイントがコンパクトにまとまっていて読み易いのですが、思ったよりも具体例が少なく、読み物としてはちょっと物足りない感じがしました。個人的には、もう少しページ数を増やして、前作のSpiegel先生の話のような具体例を沢山挟み込んで欲しかったなぁ…と思いました。

とは言え、興味深い話ではありますので、教育・育児に興味のある方にはお勧めできると思います。

ちなみに、邦訳はこちら…

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

Twitter