« 読みました(教育・ノンフィクション) ~ Becoming Brilliant | トップページ | 読みました(洋書/教育) ~ Helping Children Succeed »

2017年9月 9日 (土)

読みました(ノンフィクション) ~ tuesdays with Morrie

15年以上前に邦訳「モリー先生との火曜日」を読んで、とても印象に残った本です。紀伊國屋の洋書バーゲンで原書を見つけたので、読んでみることにしました。

著者のMitch Albom氏は、大学生の時に親友のように親しくしていた教授(Morrie Schwartz氏/モリー先生)がいたのですが、卒業後は連絡も取らなくなり、仕事に没頭するようになっていました。そんなある日、テレビにモリー先生が出演しているのを見て、モリー先生がALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていることを知り、16年振りにモリー先生に会いに行きます。

モリー先生は再開をとても喜び、16年振りに、モリー先生の自宅にて、モリー先生最後の授業が始まります。

授業の科目は「The Meaning of Life」。モリー先生と著者との対話形式で進みます。モリー先生が亡くなるまでの短い間ですが、取り上げるテーマは、死ぬこと、老いること、愛すること、許すこと、家族について、結婚について、感情について、我々の文化(しがらみ)について等々、多岐に亘ります。

モリー先生の言葉の中には、心に響く沢山の言葉、格言(aphorism)があるのですが、特に覚えておきたいなぁ…と思ったものは、

The culture we have does not make people feel good about themselves. And you have to be strong enough to say if the culture doesn't work, don't buy it. (「Taking Attendance」より)

⇒"Have the courage to follow your heart and intuition. (Steve Jobs)"ということかも知れませんね…

The way you get meaning into your life is to devote yourself to loving others, devote yourself to your community around you, and devote yourself to creating something that gives you purpose and meaning. (「Taking Attendance」より)

⇒子供と一緒に遊んだり、話をしたり。課のメンバーの話をよく聞いたり、働き易い職場環境を作ったり…

Once you learn how to die, you learn how to live. (「The Fourth Tuesday - We talk about death」より)

⇒亡くなる時に後悔しないように、今をどう生きたらいいか考えて、ということかなぁ…

There is no experinece like having children...If you want the experience of having complete resposibility for another human being, and to learn how to love and bond in the deepest way, then you should have chilldren. (「The Fifth Tuesday - We talk about family」より)

⇒子育てをすべきということではなく、子育ては、人生に意味を与えてくれる貴重な経験だよ、ということ…

Aging is not just decay, you know. It's growth. It's more than the negative that you're going to die, it's also the positive that you understand you're going to die, and that you live a better life because of it. (「The Seventh Tuesday - We talk about the fear of aging」より)

⇒いずれ亡くなることを意識するようになるにつれ、人生は豊かになっていく…

...if you're trying to show off for people at the top, forget it. They will look down at you anyhow. And if you're trying to show off for people at the bottom, forget it. They will only envy you. Status will get you nowhere. Only an open heart will allow you to float equally between everyone. (「The Eighth Tuesday - We talk about money」より)

⇒虚勢を張る必要もないし、力を誇示する必要もない…

I believe in being fully present. That means you should be with the person you're with. (「The Ninth Tuesday - We talk about how love goes on」より)

⇒まずは、目の前にいる人の話をよく聞くことから始めたいなぁ…

People are only mean when they're threatened, and that's what our culture does. That's what our economy does. (「The Eleventh Tuesday - We talk about our culture」より)

⇒自分の影響の及ぶ範囲だけでも、不安の少ない環境を作りたいなぁ…

In the beginning of life, when we are infants, we need others to survive, right? And at the end of life, when you get like me, you need others to survive, right? But here's the secret; in between, we need others as well. (「The Eleventh Tuesday - We talk about our culture」より)

⇒よく考えると当たり前なのですが、忘れがちなこと… 

It's natural to die. The fact that we make such a big hullabaloo over it is all because we don't see ourselves as part of nature. (「The Thirteenth Tuesday - We talk about the perfect day」より)

⇒これについては、野山に出かけることから始めるか…

あと、モリー先生の言葉ではありませんが、

...there is no such thing as "too late" in life. (「Conclusion」より)

モリー先生自身が魅力的なのはもちろんなのですが、著者の書き方の上手さも、本書を素晴らしいもの(名著)にしていると思いました。時に、著者の過去の出来事、モリー先生の過去の出来事に戻りながら、テンポよく話が展開されているので、最後まで飽きずに一気に読むことができました。また、一章が短く、語彙もそれほど難しくないので、とても読み易いと思います。

約20年前に書かれた本ですが、今でも全く色あせない本だと思います。少し立ち止まって、自分の人生を振り返ってみる、これからの人生を考えてみる切っ掛けとなる、良書だと思います。お勧めです。

ちなみに、邦訳はこちら…

« 読みました(教育・ノンフィクション) ~ Becoming Brilliant | トップページ | 読みました(洋書/教育) ~ Helping Children Succeed »

ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72855/65768094

この記事へのトラックバック一覧です: 読みました(ノンフィクション) ~ tuesdays with Morrie:

« 読みました(教育・ノンフィクション) ~ Becoming Brilliant | トップページ | 読みました(洋書/教育) ~ Helping Children Succeed »

Twitter