« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年5月

2016年5月20日 (金)

読みました(洋書/ヤングアダルト) ~ Eleanor & PARK

私の苦手な、あまり好みではないジャンル(YA/ヤングアダルト)の本なのですが、評判が良さそうなので、前々から読もうかどうか迷っていました。今年3月の紀伊國屋(梅田本店)の洋書バーゲンで見つけたので、せっかくなので買って読んでみました。渡辺由佳里さんの「洋書ベスト500」にも掲載されております。

最近(3年ほど前に)書かれた本ですが、舞台は1980年代のNebraska州Omahaになります。主人公の一人であるParkは、母親が韓国人、父親がアメリカ人のハーフで、音楽や漫画が好きな男の子。もう一人の主人公であるEleanorは、いつも変わった格好をしている赤毛の女の子で、母親の再婚相手が酒飲みで母親に暴力をふるっており、Eleanorのことを疎ましく思っている様子。そんな高校生二人の、一風変わった恋愛物語です。

話の出だしから、最後には別れ別れになってしまうことがなんとなく分かってしまうのですが、音楽や漫画を通じて二人が交流を深めていくのを読んでいると、「うまくいって欲しいなぁ…」と思わずにはいられませんでした。最後は、思っていたよりも希望の持てる終わり方になっており、なんだかほっとしました。爽やかな余韻の残る、いい終わり方だと思いました。

恋愛物語ですので、正直、この年になると、読んでいて恥ずかしくなる場面も多々あるのですが、人種差別、家庭内暴力、離婚、貧困、いじめ等々の問題も絡み合っていて、思っていたよりも興味深く読むことができました。特に最後の100頁くらいは、話に引き込まれて一気に読んでしまいました。物語の進み方(テンポ)も、丁度良いと思いました。

残念だったのは、物語に出てくる具体的な音楽や漫画について、私に殆ど知識がなかったこと。もし知識があれば、より一層、この物語を楽しめたのになぁ…

YAなので、好みが分かれるとは思いますが、なかなか良い本だと思いました。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

Twitter