« 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Gorilla | トップページ | 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Not A Box »

2016年2月28日 (日)

読みました(洋書/ノンフィクション、児童書) ~ The Boy Who Harnessed the Wind

数年前に本屋さんで見かけて「読もうかなぁ…」と思っていたのですが、何となく読まないままだった本です。最近、別の本屋さんで見かけて買ってみたのですが、帰宅してよく見てみたら"Young Readers Edition"でした。「まぁ、いいか…」 と思ってそのまま読んでみたら、自分のレベルに丁度合っていました…

著者(William Kamkwamba)が、子供時代から現在(2014年)に至るまでを振り返って書いた自伝的な本です。 Williamは、1987年に、人々が魔術を信じているような、電気も通っていない、アフリカの貧しい農村で生まれました。Williamは、ラジオを分解して仕組みを調べたりするような、好奇心旺盛な少年でしたが、2001年の飢饉を切っ掛けに学費が払えなくなり、他の多くの貧しい子供達と同様に、学校に行くことができなくなります。Williamはとても落ち込むのですが、近くの図書館で借りた科学の本を読みながら、家族と自分の為に、電気を起こす風車(風力発電装置)を作ろうと頑張ります。

風車を作るといっても、部品を買うお金は無く、スクラップ置き場やゴミ捨て場から部品になりそうなものを探して、それを工夫して加工し、少しずつ風車を作り上げていきます。近所の人達から変な目で見られても、信念を持って頑張り抜き、ついには風車を完成させ、家の中を電球で照らすことに成功します。風車が出来てからも、現状に満足することなく、スイッチ、ブレーカー、携帯電話の充電器等々、様々なものを創意工夫によって作っていきます。

そして、2006年、Williamの風車が世界に広く知られることなり、それと同時にWilliamの世界も、故郷から海外へと急速に広がっていきます。マスコミの取材を受けたり、TEDの舞台に立ったりした後には、新たな学校生活、新たな挑戦が始まり、それは今もなお続いているようです。

食べていくのがやっとで、着る物も殆どなく、学校に行くことも出来ない困難な状況にも拘わらず、自分の考えを信じて、風力発電装置を完成させたWilliamの頑張り、粘り強さ、向上心には、ただただ感心いたしました。通勤電車の中で読みながら、「着る物にも、食べる物にも、住む所にも全く困らないような恵まれた環境にいるのだから、もうちょっと頑張ろう!」と、何だか元気をもらうことが出来ました。

また、Williamと友人のGilbertや従兄弟のGeoffreyとの交流も、心温まるものがあり、読んでいて楽しかったです。読後感の爽やかな、お勧めできる本だと思います。

(なかなか良かったので、本好きの子供にも読んでもらおうと、邦訳版も注文してみました。まだ、ちょっと難しいかなぁ…)

« 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Gorilla | トップページ | 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Not A Box »

ノンフィクション」カテゴリの記事

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72855/63277466

この記事へのトラックバック一覧です: 読みました(洋書/ノンフィクション、児童書) ~ The Boy Who Harnessed the Wind:

« 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Gorilla | トップページ | 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Not A Box »

Twitter