« 2017年5月 | トップページ | 2017年9月 »

フルートがスランプの時に気をつけること(試案)

アイリッシュ・フルートを始めて、もう、かれこれ15年以上になるのですが、初めに吹き方をきちんと習わなかったせいもあって、未だによくスランプに陥ります。

特に、きちんとした音が出なくなると、本当に落ち込みます…

という訳で、スランプから早く脱出できる為にはどうしたら良いか、あれこれ考えたことを書いてみました。

<いつも気をつけること>

⇒まず、唇を歌口に当てる前に、唇を軽く引き、その上で唇の中心部分を緩め、息がしっかり出る、息のスピードを自在に変えられるアンブシュアを作る。

⇒気持ち上唇が下唇に被さるようにして、息の通る道をしっかり確保する。上唇を被せる時は、真ん中だけでなく、もう少し幅広く被せて、息の通る道を確保する。下唇は突き出さないように、上唇よりも「すぼめる」感じで(僅かに下の歯に巻き込む感じ)。

音を出す前に、必ず上唇も下唇も軽く引き、歌口に狙いを定めて息を出す。高い音を出す時は、少し引きを強める。唇が引けていないと、音が悪くなる。

⇒歌口は内側に向け過ぎず、気持ち外側に向けるよう気をつけて、唇に当てる。

歌口を下唇のどの辺りに当てるかが重要。いい位置よりちょっと下だと高音がきれいに鳴らないし、ちょっと上だと高音と低音との移動がスムーズに出来なくなる。高音も低音も楽に音が鳴らせる場所を探ること。

⇒「今日は、うまく息が歌口に入っていかないなぁ…」と思うと、息を入れようと、あごを引き、歌口をより内側に向けようとしてしまいがちだが、逆。あごを軽く上げ(正面を向き)、歌口を若干外側に向けたほうが、息が下に行き易く、歌口に入り易くなり、いい音になる 。

脇は締めない。少し脇を空けた方が、肺に息が入り易くなり、高音がいい音になる。

<症状:低い音が殆ど鳴らない。>

⇒音孔をきちんと塞げていないことが多いので、きちんと塞ぐよう気をつける。ただ、指に音孔の跡がくっきりついていたり、指が疲れていると、頑張ってもきちんと塞げないこともあるので、その場合はしばらく休む。(指が短いので、将来的には、音孔の小さなフルートを試してみる予定。)

⇒十分な息が出ていないこともあるので、その時は、下の歯と下唇の間に僅かな空間(薄い空気の膜)を作るような気持ちで、たっぷりと息を出す。これは、高音で大きなしっかりした音を出す場合にも言えるかも…

⇒疲れていたり、眠かったり、既に吹き過ぎで息が出なくなっている場合には、早めに諦めてしばらく休む、寝る。

<その他…>

⇒息を出すときは、「口から息を出す」「お腹から息を出す」というよりは、「喉から息を出す」ことを意識した方が、しっかりした音が鳴る、音が安定するような気が…

⇒良いアンブシュア等が作れていれば、低音から高音まで、軽く吹いただけでよい音が鳴るはず。そんなにしんどくはならない…

⇒Long Fを使う時は、左手薬指を伸ばしきらないで若干緩めた方が、左手小指をコントロールしやすい。

⇒上のEは音がひっくり返り易いので、あまり強く吹かない。

⇒上のBを吹く時は、音が悪くならないよう、右手の薬指をしっかりあげること(支えに使わない!)。

【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中 <Glenn Watson/Eb管>

他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------

Glenn Watson 氏製作のEb管フルート(キーレス)を売りに出します。(100,000円/ケース付)

製作年は2012年です。木材の種類はMopaneで、頭部管は、歌口までは金属管が入っていないPartially Lined Head-Jointです。

有名なフルート吹きでは、John BlakeがWatson氏のフルートを使っているようです。

なかなか吹きやすいのですが、最近、ほとんどEb管を吹かなくなってしまったので、売り出すことにしました。

現在、新たに注文すると、待ちの期間は半年程度で、価格は、ケース、送料、消費税を含めると130,000円~140,000円程度になると思います。

Watson_1 Watson_2 Watson_case_1 Watson_case_2

Watson_headjoint_1 Watson_headjoint_2 Watson_headjoint_3 Watson_middlejoint_1

現在、大阪在住ですので、関西圏のセッションであれば、楽器をお持ちして、試奏してもらえるかと思います。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年9月 »

Twitter