« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

Jeffries (C/G) の調整

調整作業の備忘録…

左手側の外側の列にあるC#が、速いフレーズで切り返して音を出そうとすると、音が立ち上がらない(「うっ」と詰まった感じになる)ときがあるので、リードとリード・シューの隙間を少し広くしてみました。

思っていたよりもリードが厚くて(硬くて)隙間がスムーズに広がらず、一回目のトライでは状況が改善しませんでした。再度、もう少し思い切って隙間を広くしてみたら改善しました。作業時間としては20分程度。

最近、低音のリードを調整する機会が増えたのですが、その理由は、最近、コンサティーナで低音の出てくる曲を弾くのが楽しくなってきて、よく練習するようになったからです。まだまだ上手くは弾けませんが、フルートでは出せない(よって、オクターブ上げざるを得ない)低い音を弾くのは楽しいので、頑張って練習したいと思います。

<11/3追記>

右手側の内側(手前側)の列にある高いG/F#のボタンについて、GからF#に切り返すときに「パタン」という音(バルブが閉まる音)がして気になるので、バルブを交換してみました。

また、右手側の中央列の高いE/Dのボタンについても同様の症状があるので、こちらもバルブを交換してみました。

(交換前)

左側がGのリードのバルブ、右側がEのリードのバルブになります。

どちらも「押し(push)」の音なので、リード自体はリードパンの裏面に(写真では見えません)、バルブはリードパンの表面にくることになります。

時間の経過で、バルブ(白い細長い皮)が反ってきているのが分かるかと思います。

Photo Photo_2

(古いバルブを外したところ)

Photo_3 Photo_4

(交換後)

Photo_5 Photo_6

今回は、2箇所とも23mmのものを使用しました。

4

症状が改善したので、作業終了。作業自体はそれほど時間はかかりませんが、ボンドが乾くまで少し待つ必要があります。

リードパンの裏側にも気になる所があったので、特に症状は出ていませんが、一応バルブを交換しておきました。

1 3

リードパンの裏面(ベロー側)にあるバルブの閉まる音は、リードパン自体に遮られるので、表面(アクションボード側)にあるバルブの閉まる音に比べて、それほど気にならないと思います。

<11/13追記>

Cormacさんのレッスンに参加した時に、CormacさんのSuttnerの調子が悪かったので、代わりにこの楽器を弾いていただきました。その時に、Cormacさんはあらゆるボタンを駆使して弾いていたので、「あぁ…(自分が)普段使っていない音はチューニングできていないなぁ…」と思い、早速チューニングすることにしました。

20161112_2

(↑クリックして(拡大して)見て下さい)

上記の表に「H28.11.12」と記載してある7箇所が、今回チューニングしたところです。

今回大変だったのは…

<右手側、手前の列よりも更に手前に一つだけあるEb/C♯ボタンのEb>

音程が45セントも低く、音程を大きく上げなくてはならなかったので、リードを削る程度を調整するのに苦労しました。しかし、なんでこんなに低かったのかなぁ…

<右手側、手前の列の一番下にあるB/F♯ボタンのB>

高いBの、更に1オクターブ上の音で、通常は使わない音です。音程が10セント高いだけでしたので、それほど苦労しないだろうと思っていたのですが、甘かったです。リード自体がとても小さくて薄くて、リードをちょっと削っただけでリードが変形してしまい、変形により音程も変わってしまうようで、かなり調整に苦労しました。ちょっと大袈裟かもしれませんが、感覚としてはアルミ箔片を削っている感じ…

上記2つのリードの調整で時間をとられたので、今回はトータルで約2時間かかってしまいました。大きなリード(低い音のリード)のチューニングも苦労しますが、小さなリード(高い音のリード)のチューニングもなかなか大変なのですね…

Jeffries_concertina_2 Jeffries_concertina_6

Suttnerの調整

昨日の調整の備忘録として…

「低いG」の出てくるリール「The Galway」をSuttner(C/G)で練習していたら、蛇腹を切り返して「低いG」の音を出すときに、音がうまく立ち上がらない(「うっ」と詰まった感じになる)ことがよく起きるので、調整を試みました。左手側の中央列の低いG(push)になります。

エンドを開けてリードを見てみたら、リードとリードシューの隙間が低音にしては狭すぎるように思ったので、隙間を広げてみました。試行錯誤すること約一時間、そこそこ改善することができました。リードが厚いので、なかなか隙間を広げられず、苦戦しました…

実は、この「低いG」のリードは、何年か前に一度調整をしたもの(だと思う)。その時は、リードの反応が鈍かった(遅かった)ので、リードとリードシューの隙間を狭くしたのですが、どうもその時に狭くし過ぎていたようです。

リードの調整は、試行錯誤しながら学んでいくしかないなぁ…と改めて実感いたしました。

Suttner_concertina_2 Suttner_concertina_6

Jeffries (Ab/Eb) の調整

調整作業の備忘録として…

左手側の中央列にある低い方のEb(C/Gコンサーティーナの低い方のGに該当)が、リールで使うと反応が少し遅れるので、リードとリード・シューの隙間を僅かに狭くしてみました。

<調整前>

Too_wide_before_2

<調整中>

この状態だと、リードとリード・シューの間が狭すぎて、速い曲で音が鳴らない(立ち上がらない)時があります。

Too_narrow_3

<調整後>

調整前に比べて、音の反応(立ち上がり)が少し良くなりました。ここまで辿り着くのに、約30分かかりました。

Just_right_3

低い音のリード調整は、なかなか微妙で難しく、チューニング・ベローもあまり役に立たず、勘だけが頼りですが、それ故に面白くもあります。

<10/23 追記>

左手側の中央列にあるC#(C/GコンサーティーナのFに該当)が、速いフレーズで切り返して音を出そうとすると、音が立ち上がらない(「うっ」と詰まった感じになる)ときがあるので、リードとリード・シューの隙間を少し広くしてみました。

一回目のトライで状況が思ったとおりに改善したので、今回は10分くらいで作業完了。こういう時もあるんですね。

Ab_eb_2 End_2

【売れました!】コンサーティーナ売出し中!<Lachenal/180,000円/ケース付>

他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------

メーカー】 ラケナル(Lachenal)

キー】 C/G、アングロ

ボタン】 28ボタン、ボーン(bone)ボタン、ウィートストーン(Wheatstone)レイアウト

エンド】 ウッド・エンド

リード】 コンサーティーナ・リード

米国の修理屋さんである Greg Jowaisas さんから購入した、比較的初期の頃のLachenalです。

楽器のレスポンスは、EdgleyMorseといった品質の良いアコーディオン・リードの楽器にはかないませんが、Gregさんのメンテナンスのお陰で、そこそこ良いレスポンスとなっております。昔(10年位前)に弾いていたウッド・エンドのLachenalと同じくらいのレスポンスですので、EdgleyやMorseほど軽やかには弾けませんが、リールも十分弾けると思います。

音色は、アンティークのコンサーティーナらしい、柔らかな良い音色がすると思います。

この楽器は28ボタンとなっており、通常よりも2つボタンが少ないですが、アイルランド音楽を弾くのであれば、和音を沢山使う弾き方でなければ、この2つのボタンは殆ど使わないかと思います。

この程度の状態のLachenalであれば、30ボタンだと300,000円くらいするかと思いますが、この楽器は28ボタンということで、比較的安く購入することができたのでので、売り出し価格は180,000円にいたしました。

お手頃な価格のコンサーティーナ・リードの楽器を探している方には、お勧めです。

1 2_2

3 4

5 6

10 7_2

ケースは、Gregさんが中古のケースを修理したものが付いております。この楽器に合わせて、きちんと内部が加工されております。

11 12

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、メール等でご連絡下さいませ。大阪近辺にお越しいただければ、試し弾きも可能です。 また、大阪や京都のセッションにも時々行きますので、その際にも試し弾きしていただけるかと思います。

よろしくお願いいたします。 m(_ _)m

コンサーティーナ・ケースの購入について

コンサーティーナのケースは、楽器に付属してきたものを使い続けるのが普通だと思いますが、壊れてしまったり、気に入らなかったりした場合には、ケースだけを探すことになります。

ケースの購入については、なかなか情報が見つからないかと思いますので、ご参考までに少し書いてみたいと思います。

なお、入門用のコンサーティーナはサイズが大きいので、通常サイズのケースでは入らないことがありますので、ご注意下さい。

<ソフト・ケース>

ソフト・ケースは軽くて便利ですが、やはりハード・ケースよりも壊れやすいと思いますので、ケースだけ購入する機会も多くなるかと思います。

1 国内で購入

Scarlatti社のケースでしたら、関西のグレンミュージックさんに在庫があると思います。もし在庫切れの場合でも、取り寄せ(輸入)していただけると思います。

http://www.beatshop.co.jp/glen_music/ginst.html

また、値段は少し高くなりますが、アイリッシュ・フルート奏者の豊田さんのお店で扱っているケースもなかなか良さそうです。セミハード・ケースとのことですが、ハード・ケースよりも持ち運びに便利だと思います。

http://ozoktoyota.thebase.in/items/2193108

廉価版のケースであれば、もしかしたら谷口楽器等のコンサーティーナを取り扱っている楽器屋さんに在庫があるかもしれませんが、要問合せかと思います。

http://shop.taniguchi-gakki.jp/products/list.php?category_id=39

廉価版のケースは、入門用のコンサーティーナであれば良いかと思いますが、それ以上のクラスの楽器だと、ちょっと不安ですね。

2 海外から輸入

ソフト・ケースは軽くて、小さく畳んで送れるので、海外からでもそんなに送料は高くならないと思います。

ソフト・ケースが購入できる楽器屋さん(又は楽器メーカー)はいくつかあるかと思います。一例として…

Gremlin Music(イギリス)

https://www.gremlinmusic.co.uk/productlist.php?ProductGroup=470-090

Button Box(アメリカ)

http://www.buttonbox.com/cases.html#ConcertinaCases

きちんと検証しておりませんが、送料、手間等を考慮しますと、関西のグレンミュージックさんから購入した方がいいかもしれませんね。

<ハード・ケース>

ハード・ケースは、普通に扱っていればまず壊れないと思いますが、ケースだけ入手しようとすると、結構苦労します。

1 国内で購入

Scarlatti社のケースでしたら、関西のグレンミュージックさんで取り寄せ(輸入)していただけると思います。但し、輸入先で在庫切れの場合も多いようです。

http://www.beatshop.co.jp/glen_music/ginst.html

それ以外の方法は、残念ながら見つけられませんでした。もし情報がありましたら教えていただけると幸いです。

2 海外から輸入

ハード・ケースはかさばるので、海外からの送料が、場合によってはケース本体の価格とほぼ同額くらいになってしまいます…

ハード・ケースを購入できる楽器屋さん(又は楽器メーカー)はいくつかあるかと思います。一例として…

Gremlin Music(イギリス)

https://www.gremlinmusic.co.uk/productlist.php?ProductGroup=470-080

Button Box(アメリカ)

http://www.buttonbox.com/cases.html#ConcertinaCases

Button Boxは、他のメーカーの楽器についても、比較的安価でサイズに合わせて内部を加工してくれます。

オーダー・メイドの高級ケースということでしたら、何人か製作している方がいらっしゃいます。一例として…

Edgleyさん(カナダ)

http://edgleyconcertinas.blogspot.jp/2011/09/new-cases-from-edgley-concertinas.html

<私の経験>

「ソフト・ケース」については、使っていたものが壊れてしまったので、今春にグレンミュージックさんから新品を購入しました。一番しっかりしている物にしたので、価格は8,500円と少し高くなりましたが、期待どおりのしっかりしたもので満足しております。

Soft_case_1 Soft_case_2

Soft_case_3 Soft_case_4

「ハード・ケース」については、長いこと1台分不足しており、購入を検討しておりました。

まずは、グレンミュージックさんに輸入をお願いしようと思ったのですが、丁度良いサイズの物の取扱いがなく、残念ながら断念いたしました。

次に、アメリカの修理屋さん(Gregさん)に、中古のケースも視野に入れて相談したのですが、結局、Button Boxの新品のケースが価格もお手頃で良いだろう…との結論になりました。

Gregさんもハード・ケースの調達には苦労しているようで、しっかりした中古ケースはなかなか見つからないようです。ちなみに、Gregさんは評判の良いハード・ケースを製作していますが、現在はコンサーティーナの修理に忙しいようで、なかなかケースの製作にまで手がまわらないようです。

Button Boxから購入(輸入)したケースは、内部を加工していないもので、コンサーティーナのサイズに合わせて自分で簡単に加工いたしました。

Hard_case_1 Hard_case_2

Hard_case_3 Hard_case_4

Hard_case_5 Hard_case_6

Hard_case_7 Hard_case_8

ちなみに、アメリカからの送料は、71.25ドルでした。やはり高いなぁ…

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

Twitter