« Top Lachenalの調整 | トップページ | ここ一年に行った所(その1) »

コンサティーナ・ケースの改造

先日、コンサティーナの修理屋さんであるGregさんから、コンサティーナを保管する時は、蛇腹がきちんと閉じた状態で保管した方がよい、というような話を聞きました。

我が家のJeffriesを保管しているケース2つが、そのような状態になっていなかったので、少し改造してみました。

少し固めのスポンジ(ウレタンフォーム?)を適切な大きさに切って柱状にし、赤色のシートを巻きつけたものを、ケースの四隅に両面テープで取り付けました。接着剤で固定しようかとも思ったのですが、不具合が生じた時に修正がしやすいよう、とりあえず両面テープにしておきました。

最終的には、こんな感じになりました。

1 2

3 4

5 6

7 8

これで、蛇腹がきちんと閉じた状態で保管できるようになりました。

ケース1つにつき、1時間くらいで作業が完了しましたが、スポンジを切るのに少し苦労したかなぁ…

« Top Lachenalの調整 | トップページ | ここ一年に行った所(その1) »

楽器(Flute & Concertina)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Top Lachenalの調整 | トップページ | ここ一年に行った所(その1) »

Twitter