« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中 <Copley/62,000円/ソフトケース付>

下記の楽器、他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

************************************************************************

デルリン(Delrin)製のアイリッシュ・フルートを売りに出します。キーレスのD管で、2015年製です。

製作者はアメリカのDave Copley氏です。どちらかというとデルリン製フルートで有名ですが、木製フルートでも評価が高いです。良質なフルートを短い納期で製作してくれる、貴重なメーカーだと思います。

このフルートは、比較的パワフルなフルートだと思いますが、全体的なバランスもよく、吹きやすいと思います。作りも丁寧です。

製作者から直接購入することも可能ですが、私は、アメリカの「Irish Flute Store」から購入いたしました。私の場合は、注文から3~4週間程度で届きました。

Irish Flute Store」から購入される方は、PayPalを使用した場合、$420(本体 $360+送料 $60/消費税別途)程度で購入できるかと思います。

PayPalは独自の為替レート(銀行等よりも不利なレート)を使用しているので注意が必要です。

Copley_1 Copley_2 Copley_3 Copley_4

Copley_5 Copley_6 Copley_7 Copley_8

※管をつなぐ所で、チューニングできるようになっております。

この楽器を使って、スリップ・ジグ2曲のセットを録音してみました。ご参考にして下さい。

ダブル・ジグの2曲セットも録音してみました。

私は現在、大阪在住ですので、関西圏のセッションであれば、楽器をお持ちできると思いますので、試奏してもらえるかと思います。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

アイリッシュ・フルート売り出し中 <Walt Sweet(Shannon)/48,000円⇒38,000円/ケース無>

売出しから時間が経ちましたので、値下げいたしました。

( 48,000円 ⇒ 38,000円 )

試し吹きもできますので、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、メール等でお声掛け下さいませ。

--------------------------------------------------------------

ポリマー製のアイリッシュ・フルートを売りに出します。キーレスのD管で、2015年製です。

製作者はアメリカのWalt Sweet氏です。木製フルートも製作していますが、ポリマー製フルート「Shannon(シャノン)」で有名な方です。

価格の割には、なかなか吹きやすいフルートだと思います。特徴としては、一番上の音孔が少し大きめで、一番下の音孔が少し小さめだと思います。

製作者から直接購入することも可能ですが、私は、アメリカの「Irish Flute Store」から購入いたしました。

Shannon_1 Shannon_2 Shannon_3 Shannon_4

Shannon_5 Shannon_6 Shannon_7 Shannon_8

※管をつなぐ所で、チューニングできるようになっております。

この楽器を使って、ポルカ2曲のセットを録音してみましたので、ご参考にして下さい。

ジグ2曲のセットも録音してみました。

私は現在、大阪在住ですので、関西圏のセッションであれば、楽器をお持ちできると思いますので、試奏してもらえるかと思います。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

読みました(洋書/ノンフィクション) ~ SO YOU'VE BEEN PUBLICLY SHAMED

不適切な行為をしたり、不適切な発言をした人達が、ソーシャル・ネットワーキング(ツイッター、フェイスブック等)上で非難されることがよくある。時には、過剰なまでの非難を受け、こき下ろされ、辱めを受けた結果(publicly shamed)、その人が職を失って、将来が潰されてしまうこともある。

確かに本人にも非はあるが、その人の将来が潰されるまで徹底的に非難し、辱める権利が我々に本当にあるのか…

そのような思いを抱いた著者(Jon Ronson)が、ソーシャル・ネットワーキング上で辱めを受け、将来を潰されてしまった人達に話を聞くことから、話が進んでいきます。嘘の内容を書いて読者を騙していた著名なライター(第2、3章)、人種差別的なジョークを呟いたPR専門家(第4章)など、そこまで徹底した辱めを受けるべきなのか…

そして、そこから様々な方向へ、取材は発展していきます。

ソーシャル・ネットワーキング上でターゲットを徹底的に辱めるのは、集団心理(集団による狂気/group madness)のせいなのか、良いこと(正しいこと)をしたいという願望(desire to do something good)のせいなのか…(第5、6章)

辱めを受けた人が、打ちひしがれた状態から立ち直って、自分の人生を取り戻すにはどうしたらいいのか。辱めを拒否する強い意志があれば、なんとかなるのか…(第7、8、9、10章)

辱めを受けた経歴が、いつまでもネット上に残ってしまい(Googleで簡単に検索されてしまい)人生がやり直せない…諦めるしかないのか…(第11、14章)

法廷の場では、相手方を徹底的に非難し、辱めるのが常套手段になっている…(第11、12章)

暴力的犯罪を犯す人達は、子供の頃に暴力、性的虐待等の辱めを受けていることが殆どであり、その結果として自分の感情をシャット・ダウンしてしまっている。そのような人達も、周りの人達が敬意を持って接することにより、自尊心を取り戻して救われる可能性があるようだ…(第13章)

ソーシャル・ネットワーキング上で、自分達の良識から外れた人を皆で徹底的に辱めることにより、その良識に対する確信が更に強まり、異なった意見を受け入れられなくなってしまう。ネット上の世界は、保守的な世界になってしまっているのではないか…(第15章)

そして、結論(まとめ)の無いまま本書は終わります。あと、どう考えるかは、読者に委ねられているということなのでしょう…

個人的には、ソーシャル・ネットワーキング上の書き込みに、他の意見を寄せ付けない雰囲気、ちょっと異様な雰囲気を感じることがしばしばあるので、非常に興味深く読むことができました。「日本社会は同調圧力が強い」とよく言われますが、アメリカ社会でもその傾向が強まってきている、ということなのでしょうか…

また、Google検索の負の側面についての記述も、いつも便利に利用しているだけに、とても興味深かったです。

数年前に読んだJon Ronsonの「THE PSYCHOPATH TEST」と同様に、私にとっては単語が難しく、更に話があちこちに飛ぶので、読むのに少し骨が折れましたが、様々な人達に対する取材がメインで話が進んでいくので、最後まで飽きずに読むことができました。

お勧めできる本だと思います。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

Twitter