« アングロ・コンサーティーナのメーカー | トップページ | 読みました(洋書/ノンフィクション) ~ The Freedom Writers Diary »

アイリッシュ・フルートのメーカー

「コンサーティーナ」ほどではないのですが、「アイリッシュ・フルート」についても、やはり年に数回くらいお勧めのメーカー等を尋ねられますので、ちょっとまとめてみました。

「アイリッシュ・フルート」は、メーカー(製作者)の評価が奏者(プレーヤー)によって大きく異なってくるので、客観的な評価がなかなか難しいのですが、可能な範囲で自分なりにコメントを記載してみました。

従いまして、購入を検討する際は、できるだけ沢山の方(プレーヤー)に意見を聞いてみるのが良いと思います。

<個人的にお勧めのメーカー>

Grinter_flute_2 Grinter_flute_c_2 Olwell_flute_2

Michael Grinter(オーストラリア)

【ホームページ】http://www.grinterflutes.com/

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/01/irish-flute-mic.html

・現在、6キーのD管をメインで吹いています。キーレスのC管も吹いています。

・比較的上品な音色のフルートで、吹いていて実に気持ちが良いフルートです。

・作りはとても丁寧です。

・パワフルに、アグレッシブに吹きたい人にとっては、もしかすると不向きかもしれません。ボトムDを強く吹き込んだ時に音がひっくり返りやすい、と感じている方もいらっしゃいます。

・世界的に人気のあるメーカーです。

・日本で吹いている人は多いと思います。

Patrick Olwell(アメリカ)

【関連ページ】http://www.firescribble.net/flute/olwell.html

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/02/irish-flute-pat.html

・以前、キーレスのD管をメインで吹いていました。今でも、時々吹いています。

・比較的息量が必要なパワフルなフルートだと思いますが、吹きやすくもあります。

・作りは非常にしっかりしており、丁寧です。

・世界的に人気のあるメーカーです。

・キー付は、注文してから何年も待つことになると思います。

・日本で吹いている人は多いと思います。

******************************************************************

<特に評価の高いメーカー>

Hamilton Murray_flute_1

Chris Wilkes(イギリス)

【ホームページ】http://wilkesflutes.co.uk/Site/Welcome.html

・世界で最も人気のあるメーカーだと思います。いつか吹いてみたいです。

・キーレスでも、注文してから10年は待つ覚悟が必要だと思います。

・一度、メールで問い合わせしたことがありますが、返事がきませんでした。注文するにも、粘り強さや熱意が必要かも…

・見た目も非常に素晴らしいフルートです。

Hammy Hamilton(アイルランド)

【ホームページ】http://www.hamiltonflutes.com/Home.html

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2014/12/irish-flute-ham.html

・以前、キーレスのD管を持っていました。

Olwellよりも息量が必要な、非常にパワフルなフルートだと思います。

・私は、少し音程がとりにくいと感じました。

・世界的に人気のあるメーカーです。

・デルリン製フルートも作っています。

・素晴らしいフルート奏者でもあります。

・日本でも何人か吹いていると思います。

Sam Murray(アイルランド)

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/01/irish-flute-sam.html

・以前、キーレスのD管を持っていました。

・私はうまく吹きこなせませんでしたが、お譲りした方は、とてもいい音で吹いていました。

・作りは多少荒いと思います。

・私が中古で購入したものは、ボトムDの音程が低過ぎたので、修理に出しました(音孔の開け直し)。

・世界的に人気のあるメーカーです。

・「アイルランド国外」から注文した場合に、約束の納期を大幅に過ぎても、催促しても楽器が届かないことが多いようです。

*****************************************************************

<定評のあるメーカー>

Cotter_flute_2 Copley_1 Cochran_2

Eamonn Cotter(アイルランド)

【ホームページ】http://cotterfluteworkshop.com/workshop/

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/01/post.html

・以前、6キーのD管をメインで吹いていました。

・そこそこ吹きやすいフルートだと思います。

・日本では、まだGLEN MUSICで取扱いがあるかもしれません。

・昔よりも良くなったとの評判です。

・素晴らしいフルート奏者でもあります。

・日本で吹いている人は多いと思います。

Martin Doyle(アイルランド)

【ホームページ】http://www.martindoyleflutes.com/

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/02/irish-flute-mar.html

・以前、キーレスのD管をメインで吹いていました。

・パワフルで吹きやすいフルートだと思います。

・作りも丁寧だと思います。

・日本でも何人か吹いていると思います。

George Ormiston(イギリス)

【ホームページ】http://www.ormistonflutes.co.uk/

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/02/irish-flute-orm.html

・以前、キーレスのC管を吹いていました。

・そこそこ良いフルートだと思いますが、私は少し吹きにくかったです。

Gilles Lehart(フランス)

【ホームページ】https://sites.google.com/site/jilleharteng/

・世界的に有名なメーカーです。

・日本では、ケルトの笛屋さんで取扱いがあります。

・日本で吹いている人は多いと思います。

Dave Copley(アメリカ)

【ホームページ】http://www.copleyflutes.com/

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/12/irish-flute-cop.html

・以前、キーレスのEb管(木製)とD管(デルリン製)を吹いていました。

・比較的パワフルなフルートだと思います。

・作りも丁寧だと思います。

・デルリン製フルートでも有名です。

・注文してからの待ち時間が短く、在庫している時もあります。

Peter Noy(アメリカ)

【ホームページ】http://www.noyflutes.com/index.html

・キーレスのD管を、少しだけ吹いたことがあります。

・細身の軽いフルートで、吹きやすかったと思います。

・バロック・フルート等も作っている、比較的値段の高いメーカーだと思います。

Ralph Sweet(Sweetheart)(アメリカ)

【ホームページ】http://www.sweetheartflute.com/index.html

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2011/02/irish-flute-swe.html

・以前、キーレスのD管を持っていました。

・上品な音色のフルートで、吹きやすいと思います。

・ヘッド・ジョイントに金属管が入ってなく、チューニング・スライドもないので、軽いです。

・日本では、まだアーリー・ミュージックで取扱いがあるかもしれません。

・日本で吹いている人は多いと思います。

Casey Burns(アメリカ)

【ホームページ】http://www.caseyburnsflutes.com/

・世界的に有名なメーカーです。

・日本では、ケルトの笛屋さんで入門モデルの「フォーク・フルート」の取扱いがあります。

Terry McGee(オーストラリア)

【ホームページ】http://www.mcgee-flutes.com/

・世界的に有名なメーカーです。

・いろいろなモデルのフルートを製作しています。

・研究熱心な方で、ホームページがとても参考になります。特にアンティーク・フルートについての情報が豊富で有用です。

Thomas Aebi(スイス)

【ホームページ】http://www.aebi-flutes.com/index.php/en/

・日本では、ケルトの笛屋さんで取扱いがあるようです。

・とても良さそうなので、一度吹いてみたいです。

John Cornia(Cochran)(アメリカ)

【ホームページ】http://macgillivray.smcgrdes.com/grdes65/summer-2011/holguin-final/#

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2015/01/irish-flute-coc.html

・以前、デルリン製のキーレスのD管を吹いていました。デルリン製とは思えない良い吹き心地でした。

・木製フルートも作っていますし、アンティーク・フルートの修理屋さんとしても有名です。

John Gallagher(アメリカ)

【ホームページ】http://gallagherflutes.com/

・2013年10月に楽器を持って来日されました。吹いた方の感想では、とても良い楽器とのことでした。

・一度吹いてみたいメーカーの一つです。

Seth Gallagher(アメリカ)

【ホームページ】http://www.uilleann.com/index.html

・イーリアン・パイプスのメーカーでもあります。

・評判は良いと思います。 

*****************************************************************

<比較的最近のメーカー>

Watson_2 Francois_2 Gabriel_2

Glenn Watson(アイルランド)

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2012/08/irish-flute-wat.html

・現在、キーレスのEb管を吹いております。

・パワフルな楽器ではないと思いますが、比較的楽に良い音で吹けるので、私は気に入っております。

・全体的に作りは丁寧ですが、リングだけは直ぐにとれてしまいました(接着剤でつけ直しました)。

・評判は良いと思います。

Vincenzo Di Mauro(アイルランド)

【ホームページ】http://vdmflutes.free.fr/UK/AccueilUK.html

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2016/09/irish-flute-vin.html

・フルート奏者の豊田さんがお勧めしているメーカーで、取り扱ってもいるようです。

・デルリン製フルートも作っています。

・デルリン製のD管(Rudall & Roseモデル)を吹いたことがありますが、細身で持ちやすく、作りも丁寧で、デルリン製にしては吹きやすいと思いました。

・日本で吹いている人は多いと思います。

Francois Baubet(アイルランド)

【ホームページ】http://www.francoisbaubet.com/

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2013/04/irish-flute-fra.html

・以前、デルリン製のキーレスのD管を持っていました。デルリン製にしては吹きやすかったと思います。

・木製フルートの方がメインだと思います。

・評判はそこそこ良いと思います。

Stephane Morvan(フランス)

【ホームページ】http://morvanflutes.wix.com/stephane-morvan

・評価が非常に高いですが、吹きにくいと感じている方もいらっしゃいます。

Steffen Gabriel(ドイツ)

【ホームページ】http://gabrielflutes.com/?cid=6&lang=en

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2013/08/irish-flute-ste.html

・以前、キーレスのD管を持っていました。

・私はうまく吹きこなせませんでしたが、いいフルートだと仰っている方もいらっしゃいます。

・フルート奏者としても活躍しています。とてもいい演奏をします。

Pol Jezequel(フランス)~H29.1追記

【ホームページ】http://woodenflutepoljez.blogspot.jp/

・Ciaran Somersが吹いていたり、Kevin Crawfordも一時期吹いていたようで、評価が高いメーカーです。

・日本でも評価が高くなってきており、吹いている人が増えてきました。

・キーの形状が刀(ナイフ)みたいで、特徴的です。

******************************************************************

<プラスチック製(デルリン)フルートが有名なメーカー>

Forbes_2 Somers_2

Desi Seery(アイルランド)

【ホームページ】http://www.worldtrad.org/Seery/

・評判は良いと思います。

・木製フルートも製作していると思います。

・日本でも何人か吹いていると思います。

Rob Forbes(アメリカ)

【ホームページ】http://www.forbesflutes.com/index.html

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2015/01/irish-flute-rob.html

・以前、キーレスのD管を持っていました。

・比較的息量が必要なパワフルな楽器だと思います。

・チューニング・スライドには独自のシステムを採用しています。

・評判は良いと思います。

Garry Somers(ブラジル)

【ホームページ】http://www.somers-flutes.com/index.php

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2012/04/irish-flute-gar.html

・以前、キーレスのD管を持っていました。

・評判は良いと思いますが、私は音程をとるのに苦労しました。

***************************************************************

<プラスチック製(デルリン以外)フルートが有名なメーカー>

Tony Dixon(イギリス)

【ホームページ】http://www.tonydixonmusic.co.uk/index.html

・入門用として定番のメーカーです。

・日本では、アーリー・ミュージックで取扱いがあります。

・日本で吹いている人は多いと思います。

Walt Sweet(アメリカ)

【ホームページ】http://wdsweetflutes.com/

【一例(写真)】http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/2015/07/irish-flute-sha.html

・ポリマー製の「シャノン(Shannon)」が有名で、評判がいいようです。

・「シャノン」を吹いたことがありますが、値段の割には品質が良いと思います。

・木製フルートも作っているようです。

***************************************************************

<参考ページ>

まだまだ他にも沢山メーカーがあります。次のページをご参考にして下さい。

A Guide to the Irish Flute

http://www.irishfluteguide.info/makers/

Chiff & Fipple Wooden Flute Makers List

https://sites.google.com/site/cfwoodenflutemakerslist/

また、中古楽器の相場を大まかに把握するには、次のページが参考になるかと思います。

Irish Flute Store

http://www.irishflutestore.com/

*****************************************************************

<アンティーク・フルートについて>

アンティーク楽器もメーカーが沢山ありますが、私の知識が少ないので、上記で製作者(メーカー)としてご紹介したTerry McGee氏のページを参考にして下さい。

http://www.mcgee-flutes.com/

また、日本語では、フルート奏者のhataoさんのページが参考になると思います。

http://irishflute.info/irishflute/

アンティーク楽器は、音程がとりにくいことが多いのと、パッド交換等が必要になる場合が多いことから、1本目のフルートとして購入するのはお勧めしません。ただ、歴史があるだけに、見た目も音色も味わい深いので、何年後かに2本目として購入するのも悪くないと思います。

ちなみに、私が購入したことがあるメーカーは、Hawkes & Son(Eb管)と William Pond(D管)です。

*****************************************************************

<修理について>

コンサーティーナと違って、国内に、対応できる修理屋さんがそこそこあるかと思います。

私がこれまでにお世話になった修理屋さんは、東京の「テオバルト」と大阪の「管楽器修理センター」になります。

テオバルト」は、フルート専門店だけに木製フルートに対する知識がしっかりしていて、作業も丁寧なので、安心して任せられます。但し、混み具合によっては修理に日数がかかるかもしれませんし、修理費もそれなりにかかると思います。私は、アンティーク・フルートのクラック補修、パッド交換、コルク交換等をお願いしたことがあります。Sam Murrayの音孔の開け直しも、ここにお願いしました。

管楽器修理センター」は、金管も含めて、管楽器全般に対する知識が豊富なのですが、木製フルートについてはそれほど詳しくないと思います。キー付きフルートのパッド交換をお願いしたのですが、作業は丁寧で迅速でした。修理費も思ったより安かったです。

また、「ケルトの笛屋さん」でも修理の取次ぎを行っているようです。

http://celtnofue.com/a-repair.html

他にも対応できる修理屋さんはあると思いますので、他の奏者(プレーヤー)の方にも訊いてみるといいかと思います。

私は、コンサーティーナの修理はよくするのですが、フルートの修理には未だ手を出しておりません…現在、Hammy Hamiltonさんの「The Irish Flute Player's Handbook」を読んで勉強中です。

« アングロ・コンサーティーナのメーカー | トップページ | 読みました(洋書/ノンフィクション) ~ The Freedom Writers Diary »

楽器(Flute & Concertina)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アングロ・コンサーティーナのメーカー | トップページ | 読みました(洋書/ノンフィクション) ~ The Freedom Writers Diary »

Twitter