« 【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中!(Hammy Hamilton/110,000円) | トップページ | 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Bear Hunt »

「セッションあるある2015年春編」便乗企画

Heathery1

原口さんのブログ「セッションあるある2015年春編」がとても面白かったので、勝手に便乗して、私も即席で少し書いてみました。自分を振り返ってのコメントなので、外れていることも一杯あるかもしれませんが…

伝統音楽畑のプレイヤー編(補足)

・初期の頃は、音程を合わせる(チューニングをする)という概念、リズムを合わせるという概念が希薄、又はない。という人が比較的多い。

・その内、主として周りの視線から「何かがまずいのでは…」と思うようになり、次第に次第に、音程・リズムを気にするようになってくる。という人もいる。

・そして、幾年が過ぎ、だいたい音程・リズムが合わせられるようになった頃、ふと過去の自分を振り返って、とても恥ずかしい気分になる。という人もいる。

・ので、音程・リズムが合っていない人と一緒になっても、(過去の自分を思い出して)比較的寛大になってしまう。という人もいる。

・エアーは静かに聴くものだと思っている。という人もいる。(ハモるが苦手、又はできないので…)

・知らないダンスチューンが出てくると、なぜか悔しい気分になる。という人が比較的が多い。

・ので、CDからだけでなく、セッションでの演奏からも曲を覚えようとする。が、タイトルは覚えない。という人が比較的多い。

・一曲を仕上げるより、兎に角、沢山の曲を覚えることに命をかける。という人が比較的多い。

・ライブをやるより、兎に角、セッション!

Grinter_flute_1

 アイリッシュ・フルート編(一部ホイッスルと共通)

・タバコを吸っているお客さんの隣では吹きたくない。

・フィドルの人の5、6曲つなげるセットには、息があがってついていけない。但し、稀についていける人もいる。

・体調の悪い時、疲れている時に吹くと、息が弱くて、悪い音しか鳴らなくて悲しくなる。

・でも、なんとか頑張って吹くのだが、ますます音が悪くなってきて、さらに悲しくなる。

・それでも、頑張って吹くと、音程もひどくなってきて、リズムもボロボロになり、自己嫌悪に陥る。

・しかし、体調の良い時は、思いがけないくらい良い音が鳴って、とっても嬉しくなる。

・長年続けていると、音量や、吹き続けられる時間から、体力の衰えを感じるようになる。

・このままでは、まともに吹けなくなってしまうのでは、という恐れから、老後を考えて、他の楽器を始める。

・フルートの端から垂れる水滴を気にする人もいる。全く気にしない人もいる。

・フルートケースは小さく「会社かばん」にも入るので、サラリーマンのプレーヤーが多い(仮説)。

・若い頃は、セッションで、フルートで吹きにくい調(吹けない調)の曲が出てくると悲しくなる。

・ただ、年をとってくると、丁度いい休憩時間になるので、ギネスを飲みながら聴くのを楽しめるようになる。

・一生理想の音色を追い求めるが、一生たどり着けない…

Dipper_1

コンサーティーナ編(楽器の巻)

・他の人の弾いている楽器のメーカーが気になる。

・入手経路も気になる。

・あわよくば弾かせてもらいたい。

・反応のいい楽器に出会うと、感動する。

・エンドを開けたことがあるかどうかで盛り上がる。

・修理できる人がいると、急遽、その場で修理が始まってしまうことも多い。

やっぱりセッションはいいですね!

« 【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中!(Hammy Hamilton/110,000円) | トップページ | 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Bear Hunt »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中!(Hammy Hamilton/110,000円) | トップページ | 読みました(洋書/読み聞かせ用絵本) ~ Bear Hunt »

Twitter