« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

『西條剛央さんが洞窟で刀を研ぎ澄ましている』を読んで…

前からずっと読もうと思っていた、「ほぼ日刊イトイ新聞」の記事『西條剛央さんが洞窟で刀を研ぎ澄ましている』を、やっと読みました。

東日本大震災後に「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げ、代表を務められた西條さんが、学生の頃の話から、専門の「構造構成主義」のことまで、様々なことを面白く(?)語っています。

沢山、共感できる箇所があったので、忘れないように、備忘録的に書いておきました(原文をそのまま引用しています…)。

とてもいい記事だと思いますので、ぜひ一読してみて下さい!

<4日目から>

ですから、僕は
「あ、よけいなこと考えはじめてるな」
と気づいた瞬間に、
そのつど、頭を振って消してました。

<5日目から>

実際、ぼくたちも、マッチポイントでは
「ここから10ポイント取るよ!」
と、選手に声をかけていましたから。

<8日目から>

学問の世界でも
自分の専門分野の方法こそ正しいと
思っている人が少なくないのですが、
本当に「有効な方法」というのは
固定的なものではなく、
「状況と目的に応じて」変わるんです。

<9日目から>

ニーチェは
「真理というものは、その人にとって
 ものすごく役立つものの別名である」
という言い方をしました。

つまり、そういう言い方で、ニーチェは
真理を「相対化」したんです。

でも、その人の存在、つまり
「誰もが、一生懸命生きているということ」
自体を認め合うことだったら
どんな対立のうえでも、可能だと思う。

<10日目より>

つまり「よい/わるい」「賛成/反対」
といった価値判断は、
すべて、その人の「関心や目的」に応じて
立ち現れている‥‥と。

そこで、
「その価値判断の根本にある関心は何か?
 そして
 その関心が生まれたきっかけは、何か?」
と降りて考えていくんです。

言い換えれば
「自分と異なる価値判断をしている人は、
 どのようなきっかけから
 どのような関心を持って
 そのように判断しているのだろう?」
と問いを立ててみる。

<11日目より>

震災以降、人間社会に起こる理不尽は
「9割方、組織の問題」
だと、考えるようになったんです。

組織の機動性が失われているときには
「本体から
 スッパリ切り離した部門をつくる」
のも、ひとつの有効な「方法」ですよね。

責任の所在まで含めた、切り離し部隊。

<12日目より>

「どういうプロセスを経て、
 どういう条件の下に得た結果なのか」
を明らかにすることで
他者が批判的に「吟味」したり、
別の方法を「提案」したりできるようになります。

科学とは、そうやって発展してきましたし、
それこそ、
科学的態度にとって、大事なことだと思います。

<13日目より>

そう、繰り返しになってしまいますが
信念対立を解消するためには、
「その人固有の物語」を理解し合うことが
非常に重要なことなので。

<15日目より>

だから今、けっこう時間を割いているのは
英語圏で勝負するためのスキルを磨くこと。

それは「ふんばろう」をやっているときも
組織をマネジメントする際に
いちばん、核心的なことだったんです。

「人間は、みんな、例外なく肯定されたい」
ということは。

他の人と比べて自分が劣っていることばかり
考えていても、
何にもいいことありゃしないわけですから。

読みました(洋書/フィクション) ~ WE ARE ALL COMPLETELY BESIDE OURSELVES

渡辺由佳里さんのブログ「洋書ファンクラブ」で紹介されていた、今年のブッカー賞候補作品です。

本書の主人公 Rosemaryは、5歳の時に姉(妹?)Fernがいなくなり、それから7年後に兄 Lowellもいなくなってしまい、家族がバラバラになってしまいます。「なぜ」二人はいなくなってしまったのか、「どこへ」二人は行ってしまったのか、読み進めるうちに、次第に、徐々に明らかになっていきます…

物語全体の真ん中あたり、Rosemaryが22歳の頃(1996年)から話が始まり、そこを起点にして、「より前の時点へ」「より後の時点へ」と、話が同時並行的に進んでいきます。その結果、「なぜそうなったのか?」と「これからどうなるのか?」の両方の気持ちを抱きながら読み進めることになって、なかなか楽しかったです(ちょっと頭が忙しくなりますが…)。

また、本書のテーマについても、「人の記憶」「家族という微妙な関係」「動物との共感」「動物実験」等々、非常に興味深いものでした。

本題からは少しそれますが、本書の中に時々、日本語や、日本に関係すること(徳弘正也の「ターちゃん」、小林一茶の「やれ打つな 蝿が手をする 足をする」等)が出てくるのがちょっと面白かったです。そのお陰で、本書に対してより親近感が湧きました。

読み易さという点では、私にとっては難しい単語、言い回しが多く、結構骨が折れましたが、内容が興味深いので、一気に読むことができました(意味の分からない箇所を飛ばしながらですが…)。洋書に慣れていない方にとっては読みにくいかなぁ…とも思いますが、内容的にはお勧めです。

********************************************************************

渡辺由佳里さんが書かれているように、本書のあらすじにはあまり触れない方がいいと思うのですが、一つだけ…

この物語の終わりの方で、主人公のRosemaryが…

I've spent most of my life carefully not talking about Fern and Lowell and me. It will take some practice to be fluent in that. Think of everything I've said here as practice. 

Because what this family needs now is a great talker.

と述べるのですが、特にこの箇所を読んだ時に、私は胸にこみ上げてくるものがありました。他の方はどうなのでしょう…

読みました ~ 「どうせなら、楽しく生きよう」

いつも参考にさせていただいているブログ「洋書ファンクラブ」の渡辺由佳里さんの新しい本です。当初は電子書籍のみの出版だったのですが、この度、紙媒体でも出版されることになったので、早速読んでみました。

渡辺さんご自身の過去の辛い経験と、そこから、今のように前向きに生きられるようになるまでの過程を振り返った上で、一度しかない人生をよりよく生きるために、

・努力とは楽しいものであり、そうあるべき。苦しいとしたら、どこかがまちがっている。

・あなたの人生なのだから、やりたいことをやってもいいよ!

・「楽しむこと」を自分に許そう!

と、本書を手にとった者を、力強く、優しく後押ししています。

渡辺さんは、いつもブログやTwitterで前向きな発言をされており、非常に共感することが多いのですが、過去にそのような辛い経験をされているとは思いもしませんでした。もしかしたら、そのような辛い経験からなんとか回復できたからこそ、今のような「力強い」発言ができるのかもしれませんね。

本書には、渡辺さんご自身の経験の他にも、有名な方、渡辺さんの身近な方のエピソードが散りばめられており、最後まで興味深く読むことができました。

また、渡辺さんは元々医療関係者であり、且つ、ものすごい量の本を分野を問わず読まれているので、本書に書かれていることを支持するような様々な医学的な(心理学上の、脳医学上の…)実験結果や調査結果をご存じのはずなのですが、本書では、あえてそのようなデータは排して、簡潔な、誰でも手に取りやすい本を創ろうとしているように感じました。

内容的にはやはり、(シェリル・サンドバーグの『リーン・イン』 のように )女性であるからこその辛い経験(家族、友人、会社等からのステレオ・タイプの押付け等)が語られている箇所が多いので、女性の方がより共感し、勇気づけられる本だと思います。

が、男性である私も、共感し、勇気づけられる箇所が沢山ありました。 例えば、

・今日、考え方や生き方を変えても、明日からいきなり楽しくなるわけでもありません。

・種をまいてから果実が実るまでには何年もかかる…

という箇所には、自分が性急に成果・結果を求めがちなことに気づかされ、

・目標を達成することではなく、そこに向かう過程に意義があるのであり、それこそが報酬だ。

という箇所からは、「これからは意図的に「過程」を楽しむように心がけよう」と思いました。また、

・他人を褒めるのに慣れると、自分を褒めることも簡単になる。

・多くの人は、成功や幸福をたったひとつのことに集中させてしまいがちです。「これさえうまくいけば」とひとつにかけてしまうので、失敗したときの打撃が大きいのです。

・失敗や挫折も、練習を積めばうまくなるものなのです。

・実際に行動してみれば、思いがけない幸運にぶつかるチャンスも増えるものです。

という箇所は、普段あまり意識できていないだけに、「なるほど、そうだなぁ…」と共感できました。そして、

・スポーツであれ、芸術であれ、仕事であれ、学問であれ、上達し、結果を出すことへの近道は「夢中になること」なのです。

ということで、「やはり、努力の「過程」を楽しめることをやっていきたいなぁ…」と改めて思いました。

最後に、本書でとりあげられている本、『NurtureShock』(邦訳『間違いだらけの子育て』)『Play』(邦訳『遊びスイッチ、オン』)はなかなか良い本ですので、本書と併せてお勧めいたします!

読みました(洋書/社会問題) ~ A PATH APPEARS

3年前に、前作の"HALF THE SKY"を読んで感銘を受けたので、本作も、発売前から読むのを楽しみにしておりました。

前作では、アジア、アフリカ等での女性のおかれている過酷な現実が取り上げられておりましたが、本作では、前作よりも広い視点から、世界各国での貧困がもたらす諸問題が取り上げ られております。世界の貧困問題とそれに対する取組み(支援・援助)の現状を理解し、今後の取組みのあり方を広い視点で考える際に、とても役に立つ本だと思います。

"PART ONE"では、「今は貧しい状況におかれていても、機会さえ与えられれば素晴らしい能力を発揮する人は沢山いる」との著者の信念の下、その機会を与える(広げる)様々な取組みにつ いて、具体例を沢山交えながら述べています。

特に本書では、貧しい家庭の子供に対して、幼い頃から積極的に介入し、支援・援助することの重要性を強調しています。この点については、 著者は4章にも亘って述べています(第4章~第7章)。

具体的な取組み事例には、

・子供の障害を早期に発見して、治療が容易なうちに治療を行う取組み

・子供に必要な栄養素をタブレット等で与えて、子供の体・脳の適切な発達を促す取組み

・母親に本を配 って、読み聞かせの大切さを教え、推奨し、子供の語彙力を高める取組み

・教育プログラム(チェスに取組ませるのもその一つ)を通じて、子供に気概、熱意、自制心、自信、希望などを植え付ける取組み

などなど、本当に多種多様な事例があります。そして、著者は、できるだけ早い時期から子供・母親を援助・支援することが、貧困の連鎖を断ち切るには一番効果的である(費用対効果が高い)と結論づけています。

"PART TWO"では、既存の支援・援助の方法をより効果的なものに改善していく取組みについて、具体例を沢山交えながら述べています。

そのためには、これまで支援団体が積極的にやってこなかった新たな取組みを行うこと、例えば…

・能力に見合った報酬を支払って優秀な人材を採用し、マーケティングをより大規模・効果的に行ったり、組織作りをより効率的に行うこと

・支援・援助の効果・結果をシビアに検証し、失敗があればそれを公表 ・説明し、そこから学んで支援・援助方法を改善していくこと

などの必要性を強調しています。そのような新たな取組みにより、結果的によりインパクトのある支援・援助ができるようになる、より多くの人を助けることができると述べています。

また、これまでの支援・援助は非営利団体が中心でしたが、支援・援助の内容によっては、営利団体として利益を上げながら支援・援助を行った方が、より永続的でインパクトのある支援 ・援助をすることができると主張しています。

更には、ダノン(Danone)、ユニリーバ(Unilever)等の例を挙げながら、大きな会社が貧困問題に取り組むことにより、非常に大きなインパクトのある支援・援助が可能になるとして、非営利団体と大きな会社が貧困問題に共闘して取組むことを促しています。

"PART THREE"では、個々人が支援・援助を実践することにより、支援・援助を受ける側が助けられる(貧困から抜け出す機会を与えられる)だけでなく、支援・援助する側自身も大きな利益を受けることになる(より幸福を感じ、心理的にも身体的にもより健康になり、結果的に充実した人生を送れるようになる)と、様々な調査結果を交えつつ主張・指摘しています。

そして、ソーシャルメディア等の効果的な手段を使って、「支援・援助したい人たち」と「支援・援助を必要とする人たち」とをとつなぐ取り組み、また、「支援・援助したい人たち」同士をつなぐ取組みを紹介しつつ、読者が支援・援助の為に一歩踏み出すことを後押しして、本書を締めくくっています。前作と同じく、具体的にどのようなことをしたらよいか、いくつもの実践的な方法を提示して、読者が自分にあった支援・援助方法を探して行動を起こすことを、積極的に促しています。

前作"HALF THE SKY"は、正直、内容に圧倒されて、読んでいて辛くなる場面もありました。一方、本作は、厳しい現実が述べられてはいますが、前作よりも沢山、効果を挙げている(希望の持てる)取組みが紹介されており、前作よりも読みやすく、多くの人にお勧めできる内容になっていると思います。

私は、前作を読んでプラン・ジャパンのスポンサーになったのですが、最近は、支援先に手紙を書いたりしていないので、本作を読んだの機に、もう少し積極的に取組んでいきたいと思いました。

********************************************************************

ここからは、アマゾンのレビューには書いていない内容です。

本書では、私が今までに読んだ洋書で述べられていた、素晴らしいと思う取組みが、いくつも取り上げられています。例えば…

"The Blue Sweater"で述べられているJacqueline Novogratz氏の取組み

"Creating a World Without Poverty"で述べられているMuhammad Yunus氏の取組み

"Leaving Microsoft to Change the World"で述べら れているRoom to Readの取組み

"Leaders Eat Last"で少し紹介されているcharity: waterの取組み

そして中でも、

"How Children Succeed"を読んで感銘を受けた「KIPP」や「IS318」の取組み

が取上げられていたのが、とても嬉しか ったです。

私にとっては、本書には「今までに読んできた本のまとめ」といった側面もあり、なかなか興味深く読むことができました。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

Twitter