« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

【売れました!】コンサーティーナ売出し中!(Rochelle/15,000円)

下記のコンサーティーナ、他の方にお譲りすることができました。

ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------

2011年に Concertina Connection Inc. (Wakker氏) から購入したコンサーティーナです。

アイルランド音楽で一番使われている、C/Gのアングロ・コンサーティーナです。

Wakker氏は、「ハイエンドの楽器」から「入門用の楽器」まで幅広く製作しておりますが、この楽器は入門用の Rochelle という楽器で、価格も低く抑えられています。

キー配列はWheatstone layoutで、標準の30キーになります。

安い値段の割には反応が良く、特に中音域の反応が良いです。高音は、正直、リールを弾くときはちょっと苦しいかなぁ…と思いますが、この値段なので仕方ないでしょう…

娘のために購入したのですが、この楽器は通常のアングロ・コンサーティーナよりも少し大きく、子供には弾きにくいようです。現在、殆ど弾いていない状態のなので、売りに出すことといたしました。

値段については、Wakker氏のホームページでは、新品で415ドル(約42,000円)と記載されておりますが、子供がいじってエンドに貼ってある網が外れてしまっていたり、リードを調整する為に、私が分解して中をいじっているので、上記の値段といたしました。

コンサーティーナとはどんなものなのか、少しやってみたいと思っている方に最適だと思います。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、メール等にてご連絡下さい。

よろしくお願いいたします。m(_ _)m

Rochelle1 Rochelle2 Rochelle3 Rochelle4

Rochelle5 Rochelle6 Rochelle7 Rochelle8

Rochelle9_2 Rochelle10 Rochelle13_2 Rochelle11

ご参考までに、この楽器での録音を載せておきます。

(妻でなく私の演奏なので、いま一つですが、ご容赦下さい。)

【売れました!】コンサーティーナ売出し中!(Crabb/700,000円)

下記のコンサーティーナ、他の方にお譲りすることができました。

ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------

2001年に Chris Algar 氏( Barleycorn Concertinas )から購入したアンティーク・コンサーティーナを売りに出します。

アイルランド音楽で一番使われている、C/G のアングロ・コンサーティーナです。メーカーは Crabb(クラブ)になります。アコーディオン・リードではなく、昔ながらのコンサーティーナ・リードを使用している楽器ですので、コンサーティーナらしい音色がすると思います。

妻が長年に亘り弾いておりましたが、現在は、他のメーカー( Dipper )の楽器をメインで使用しており、殆ど弾く機会がなくなった為、売りに出す決断をいたしました。

楽器の反応はとても良く、Jeffries にも匹敵する楽器であると思っております。特質すべき点として、低音の響きが素晴らしいです。この点については、我が家にある Jeffries よりも優れていると思います。

キーの配列は、Jeffries layout で、38キーあります。

リードについては、反応が少し悪かった2枚を、Suttner 氏から購入したリードと交換しております。

Chris Algar 氏のホームページには、「良い状態の Crabb は5000ポンド(約85万円)以上するだろう」と記載されておりますが、最近のマーケットはもう少し下がっているようですので、上記の値段とさせていただきました。それでも、やはり高額になりますので、一度、実際に弾いてみてからご判断いただければと思っております。(私は、現在、大阪在住です。)

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、メール等でご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

m(_ _)m

Crabb_concertina_1  Crabb_concertina_2_2   Crabb_concertina_3  Crabb_concertina_4

Crabb_concertina_5  Crabb_concertina_6_2  Crabb_concertina_7  Crabb_concertina_8_button

ご参考までに、この楽器を使っての録音(演奏は妻)を載せておきます。

こちらは、この楽器を使っての私の演奏。ちょっとマイナーな、セットダンス2曲です。

読みました(洋書/ビジネス) ~ The Leadership Challenge

この本は、会社の同期から薦められた、リーダシップに関する本です。初版刊行から25年も経っていますが、事例などが随時アップデート されており、古臭さは全く感じませんでした。現在は「第5版」。

著者は長年に亘り、卓越したリーダー達から話を聴いたり、彼らの行動を分析したりしており、その上で、「優れたリーダーは、次の5項目The Five Practices of Exemplary Leadershipを実践している」との結論に至っております。

1 Model the Way

2 Inspire a Shared Vision

3 Challenge the Process

4 Enable Others to Act

5 Encourage the Heart

そして、この5項目一つ一つについて、事例を紹介しながら、具体的にどのようなことを実践していったらよいか、分かり易く解説して います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 Model the Way

まず、自分自身の価値観を明確にした上で、その価値観を自分自身の言葉で語れるようにする。

Say it in your own words.

次に、仲間の価値観にも耳を傾け、共通の価値観を確認する。

It's vitally important that leaders and constituents arrive at consensus on shared values, because once they are articulated, those values become a pledge to employees, customers, clients, business partners, and other constituents.

そして、まずは自分自身が、その共通の価値観を実践する(行動で示す)。また、自分が本当に実践できているか、謙虚に仲間に意見を求める。

It's your responsibility as a leader to keep asking others, "How am I doing?" If you don't ask, they're not likely to tell you.

2 Inspire a Shared Vision

まず、将来、何を成し遂げたいのか、しっかりとしたビジョンを持つ。

Leaders need to spend considerable time reading, thinking, and talking about the long-term view, not only for their specific organizations but also for the environments in which they operate.

次に、そのビジョンについて仲間と語り、仲間と共有できるビジョンを作り上げる。

Involve others in crafting what could be possible; don't make it a top-down process.

Weave together your own hopes and dreams with those of your constituents.

そして、熱意を持って、そのビジョンの実現に向けた協力を仲間に求める。

People aren't going to follow someone who's only mildly enthusiastic about something.

3 Challenge the Process

まず、挑戦の機会を積極的に受け入れる。

Put yourself in new situations; take on a new project at least once a quarter.

次に、他の人、外部の人に積極にアイデアを求めるようにする。

...keep in mind that the most innovative ideas are most often not your own and not in your own organization. They're elsewhere, and the best leaders look all around them for the places in which breakthrough ideas are hiding.

...when the pressures for profit and efficiency are greatest, these managers may even mistakenly act to eliminate or severely limit the very things that provide the new ideas they need to weather the storms of uncertainty - by cutting the budgets for travel and training, for example.

そして、リスクをとって、いろいろなアイデアを試し、失敗からも成功からも学び、一つ一つ成果を積み重ねていく。

There are mistakes and false starts. They are part of the process of innovation. What's critical, therefore, is that leaders promote learning from these experiences.

4 Enable Others to Act

まずは、仲間と強固な信頼関係を築き、協同できる体制を整える。 

Without trust you cannot lead.

Building trust is a process that begins when someone is willing to risk being the first to open up, to show vulnerability, and to let go of control. Leaders go first.

Getting to know others firsthand is vital to cultivating trust and collaboration.

そして、仲間の自主性を尊重すると共に、仲間の能力を高める。

Promote an ownership perspective by making sure that people understand the big pictures of how the enterprise operates.

Ask questions; stop giving answers.

5 Encourage the Heart

まずは、仲間一人一人の貢献、成果を認め、一人一人に感謝の気持ちを伝える。

With a thank-you note, a smile, and public praise, the leader lets others know how much they mean to the organization.

They really do prefer to know how they are doing, and no news generally has the same negative impact as bad news.

Don't take anyone for granted.

そして、少しでもチームが成果を出したときには盛大に祝う。チームを誇りに思っていることを仲間に伝える。

Plan a festive celebration for even the smaller milestones that your team reaches. Don't wait until the whole project is completed before you celebrate.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上記のうち、個人的には、4項目の"Without trust you cannot lead."というシンプルな言葉に強く同感しました。仲間同士の信頼関係がなければ、当然ながら、成果の出せるチームにはなれないでしょう。

また、5項目の"the leader lets others know how much they mean to the organization."というリーダーの役割は、本当に大切だと思 いました。そのことによって、仲間のやる気もまた出てくるのだと思います。

この本には、今まで自分が読んできたリーダーシップに関する本すべてに通じるような、リーダシップ論の基本的な(大切な)事項が、丁寧に書かれていると思いました。内容も実践的だったので、ページ数はありましたが、最後まで非常に興味深く読むことができました 。さすが、長く読み継がれている本だと思いました。お勧めの本です!

また、読んでいて、欧米と日本とでは多少文化の違いはあるかなぁ…とも思いましたが、基本的には、この本に書かれている事項は日本の組織にも充分当てはまると感じました。

私も、部門をまとめるような仕事をする時はもちろん、そうでない仕事をする時にも、またプライベートの場面でも、少しでもこの本に書かれていることを実践していきたいと思いました。

Leadership is everyone's business!

<日本語版>

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

Twitter