« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

読みました(洋書/児童書) ~ One Crazy Summer

この本も、渡辺由佳里さんの洋書ガイド「洋書ベスト500」に載っている本です。紹介文を読んで、「なんか面白そう!」と思って読んでみました。

1968年の夏、New YorkのBrooklynに住むDelphine、Vonetta、Fernの三姉妹は、お父さんの指示により、末っ子のFernが生まれた後に家を出て行ったお母さん(Cecile)に会いに、CaliforniaのOaklandへ行くことになります。

Cecileは、子供達との再会を喜ぶ様子はなく、むしろ三姉妹を邪魔者扱いして食事を用意することすらせず、「朝ご飯はBlack Panther(1966年に結成された黒人解放運動を行う政治組織)のところへもらいに行け、日が暮れるまで帰ってくるな。」と言う始末。

そして三姉妹は、Black Pantherのサマーキャンプに参加することとなり、かなり変わった夏を過ごすことに…

しっかり者の長女Delphine、いつも注目を浴びたい次女のVonetta、寂しがりやだけど負けず嫌いの末っ子Fern、三姉妹の言葉の掛けあいが、リズムがとっても良くて面白く、楽しく読めました。うちの二人の娘も同じような感じなので、なんかこの三姉妹には親しみが持てました。

また、当時(私が生まれるよりも前!)のアメリカ社会の厳しさも感じることができ、ちょっと勉強にもなりました。そして、"Coloring and La-La"の章の…

テレビや新聞がとりあげるBlack Pantherは、銃を持ち、拳を振り上げる活動家ばかりで、貧しい子供達にパンを配り、教室で教えているような活動家は一切取り上げない…

という箇所が印象に残ると共に、テレビや新聞だけを信じることの怖さもなんとなく感じました。

最後まで読むと、Cecileが子供達を残して家を出て行ってしまったのも仕方ないかなぁ…とも思えてくるのですが、それでもやっぱり子供達が可愛そう(特に長女のDelphineが…)と思ってしまいます。何が正しいのか、何が正しくないのか、そう簡単に決められないものだなぁ…と改めて考え込んでしまいました。

ちょっとだけ残念だったのは、途中で出てくる詩の意味がなんとなくしか理解できなかったこと。もっともっと英語に慣れる必要がありそうです。知らない単語も結構出てきましたし…

フィクションなのだけど、ノン・フィクションのような感じもする、個人的には好きなタイプの本でした。

読みました(洋書/児童書/冒険) ~ HOLES

「洋書の入門書」「児童書の傑作」等としてよく紹介されているので、「一度読んでみなくては!」と思い、読んでみました。

主人公であるStanley Yelnatsは、無実の罪で更生施設"Camp Green Lake"に送られ、他の少年達と共に毎日穴を掘らされます。「穴を掘るのは更生のため」と施設の職員からは聞かされますが、本当の目的は…

読み進めるにつれて、物語の先がとても気になるようになり、最後の方は時間を忘れて一気に読んでしまいました。特に、主人公のStanleyと、友人のHector Zeroniが、お互いの絆を深めながら成長していく様は、読んでいて楽しかったです。また、Yelnats家の過去とZeroni家の過去とが物語に関係してくる過程も、なかなか印象的でした。

「こんなことあり得ないよなぁ~」と思ったりする箇所もありましたが、全体として、とても楽しく読むことができました。また、評判どおり読みやすいので、最近洋書を読み始めた方には特にお勧めできると思いました。

【付け足し】

あくまで個人的な好みですが、児童書では"mockingbird"や"Wonder"や"Matilda"の方が好みかなぁ…

【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中 (Francois Baubet/50,000円)

下記のフルート、他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

------------------------------------------------------------------------

アイルランドの製作者のデルリン(エンプラの一種)製フルートです。木製ではないので、外でも割れる心配をせずに練習ができます。

特徴としては、Somersのデルリン製フルート(こちらも売り出し中)よりも吹きやすいですが、持った感じが少し重いと思います。

・製作者    Francois Baubet

・材質     デルリン(Delrin)【木製ではありません】

・キー     D管

・モデル    キーレス

         チューニング・スライド付

         金属管が歌口のところまで入っているタイプ(なので、少し重い)

・購入時期 2013年2月

・価格       50,000円【ケース無し】

Francois_1 Francois_2 Francois_3 Francois_4

Francois_5 Francois_6 Francois_7 Francois_8

このフルートを使っての録音です。ご参考にして下さい。

他のメーカーのDelrin製フルートも吹いてみようかと思い、売り出すことにいたしました。

現在、大阪に住んでおりますので、大阪または京都辺りのセッション等でしたら、試し吹きのために楽器をお持ちすることは可能です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

読みました(洋書/ビジネス) ~ Give Your Speech, Change the World

「スピーチの仕方」に関する本です。渡辺由佳里さんの洋書ガイド「洋書ベスト500」に載っているのを見て、役に立ちそうだったので読んでみました。

講演、研修、プレゼン、ミーティング等では、話し手が伝えたいメッセージが、参加者に受け取ってもらえなければ意味がないのだから、参加者のことを第一に考えた(参加者のこことを最大限尊重した)スピーチをするよう心掛けなくてはならない。本書は、そのようなスピーチをする為にはどのような点に留意したらよいか、具体的に丁寧に説明しております。

本書は、次の4章に分かれています。

PART I    HISTORY AND OVERVIEW

PART II   PREPARING THE CONTENT

PART III  REHEARSING THE PRESENTATION

PART IV  STAND AND DELIVER

PART II では、「参加者が抱えている問題を明確にし、それに対する解決策を示すことが肝要である」と述べています。本章を読みながら、David Meerman Scottさんの"The New Rules of Marketing & PR"にも同じようなことが書いてあったのを思い出し、やはりこの点はとっても大事なのだなぁ…と改めて思いました。

PART III では、「良いスピーチをするためには、リハーサルをしっかり行うことが肝要である」と述べています。本章を読みながら、今度は、Carmine Galloさんの"The Presentation Secrets of Steve Jobs"にも同じようなことが書いてあったのを思い出し、この点もやはり大事なのだなぁ…(20分ぐらいの研修でも面倒くさがらずにリハーサルしないとなぁ…)と反省させられました。

また、全体を通して、「スピーチの上手い人は、こういうことに気をつけてやっているのか…」と納得できた点が沢山あり、なかなか興味深かったです。例えば…

<事前準備>

・自分自身でスピーチの内容を考えなければ、熱意は伝わらない。

・参加者に伝えたい「鍵となるメッセージ(key message / key idea)」は一つに絞る。

・参加者と自分との共通点を見つけて参加者に示し、自分を信頼してもらえるように努める。

・参加者を引き込むためには、「概念」ではなく「ストーリ(ものがたり)」を語るべき。

・スライド(パワーポイント)を使う場合は、一見してすぐに内容が理解できるようシンプルにする(できれば図表)。

・スライドの表題は、参加者が理解しやすいよう文章で書く(名詞ではなく)。

・会場の下見は必須。実際に演壇を歩いたり、観客席から演壇を眺めたりして、当日のイメージを膨らませる。

<スピーチ本番>

・本番直前は、口・顔・体を十分にほぐす。

・会場の後ろまで聞こえるよう、のどの辺りで喋るのではなく、顔の前面に声をもっていくようなイメージで話す。

・笑顔を忘れずに。

・次のポイントに移る前には間を取って参加者の反応を確認する等、スピーチの最初から最後まで、参加者の反応を確認しながら進める。

・大事なポイントを話す時は、参加者の方へ歩み寄って語りかける(前へ出る)。

・手のひらを開く等、参加者に対してオープンな姿勢を取る。ずっと腕を組みながら話すようなことはしない。

・スピーチの最後は、参加者の記憶に残る大事な部分である。特に熱意を込めて語ること。

本書に書かれているすべての事項が、そのまま日本でも通用するかどうかは検討する(試してみる?)必要があると思いますが、少なくとも、本書には参考にすべき点が沢山あると思いました。私も、研修等で話す機会がたまーにあるので、本書を参考にしながら、少しでも自分のスピーチを改善していきたいと思います。

「スピーチする機会があるのだけれども、やっぱり苦手だなぁ…(私)」「もう少し自分のスピーチを良くしたいなぁ…」「研修を参加者にとって意味あるものにしたいなぁ…」等と思っている方々には、特にお勧めできる本だと思いました。

あけまして おめでとう ございます

今年も、関東に帰省して年越しをしました。

昨年の(アイルランド音楽の)セッション納めは、自宅でのHouse Sessionでした。House Sessionは、のんびりと演奏できるし、何よりも子供達にあまり気をつかわなくていいので、ゆったりと気楽に楽しめます。

http://youtu.be/DOzBvNi31Yk

http://youtu.be/2lRYXDiMdBc

http://youtu.be/N0bbuTGrA2U

また、年末には、「洋書ファンクラブ」の「これを読まずして年は越せないで賞」決定ツイッター会議を見ながら、少しだけ横やり参加させていただきました。「ツイッターでどのように選考するのかなぁ?」と前から思っていたので、リアルタイムで興味深く拝見させていただきました。5時間半もかけるとは思っていなかったので、ちょっとびっくりしましたが、読みたい本も沢山見つかって楽しかったです!

ちなみに、今年の大賞は、次の作品でした。

その後、帰省したのですが…おなかの風邪にかかってしまい、実家で静養することになってしまいました…主食はお粥で、おせち料理はかなり控えめに食べました。下の娘にうつされたのかなぁ…会社最終日に食べた半焼きの焼き鳥がいけなかったのかなぁ…(とても美味しかったのですが…)。

昨年は、年始めから、いろいろと体に「ガタ」がきたので、まさに、厄年を締めくくるに相応しい年末になってしまいました。

…今年は「健康第一」をスローガンにしたいと思います!

で、本日、大阪に戻ってきました。おなかの風邪もなんとか治ってきました。仕事始めには、なんとか間に合いそうです。

今年の抱負ですが…

アイルランド音楽は、関西には良いセッションが多いので、引き続き、できるだけ沢山参加できればと思っております。自宅でのHouse Sessionも何回かやりたいですね。

また、曲がだんだん覚えきれなくなってきたので、かみさんの意見を参考にしつつ、自分の好きそうな曲を選んで、少しずつレパートリーを増やしていきたいと思います。フルートらしい曲もいいのですが、それよりも、他の楽器と合わせて楽しそうな曲を覚えていきたいなぁ~

http://youtu.be/hq0xJ-jtp-o

洋書の方は、読み始めて5、6年経ったでしょうか。読む度に語彙不足を痛感するので、何度も出てくるような単語を、こつこつと覚えていきたいと思います。また、何とか年間20冊くらい読みたいですね。今年も、いいノンフィクションに出会えるといいいなぁ…

育児の方は、引き続き「過程を褒める」「努力を評価する」ということを念頭に、子供達と接していきたいと思います。何か熱中できることを見つけてくれると嬉しいなぁ…

http://irish.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/einstein-never.html

仕事は、まぁ、ボチボチと。会社の外でも通用するような力が少しでも身に付けばなぁ…

と、いろいろ思うところはありますが、先ほども書いたとおり、今年はやはり、「健康第一」をスローガンにしたいと思います! 今年も、よろしくお願いいたします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

Twitter