« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

読みました(洋書/フィクション) ~ A TALE FOR THE TIME BEING

この本は、渡辺由佳里さんの洋書ファンクラブで「これを読まずして年は越せないで賞」の候補になっていたのと、日本が舞台になっているとのことだったので、フィクションが苦手な私にはちょっと難しそうだったのですが、挑戦してみました。

主人公である Nao(東京・東北、日本)の記した、見知らぬ「誰か」に宛てられた日記を、もう一人の主人公である Ruth(Whaletown, Canada/この本の著者)が読む形で、話が展開していきます。その日記は、偶然に(必然に?)Ruth のもとに流れ着きます。

Nao の日記は、バブルの崩壊、家族の崩壊、うつ、自殺、いじめ、売春、戦争、仏教、禅、祈り…様々なテーマを含みながら、進んでいきます。日記を読む Ruth の思いも、病い、老い、テロ、孤独、震災、津波、シュレーディンガーの猫…様々なテーマを巡ります。

そして、Ruth が Nao の思いに応えるかのように、日記の世界に引き込まれていき、ついには Ruth の思いが Nao の現時点(time being)に、Nao の思いが Ruth の現時点(time being)に相互に影響を与えます。

You wonder about me.
I wonder about you.
Who are you and what are you doing?

そして、その結果、Nao と Ruth の現時点(time being)は、少しだけ良い方向に向かっていきますが、Nao がその後どうなったのか、分からないままで日記は終わります。そして、Ruth は、その分からないままの状況(not-knowing)を受け入れます。

I don't think you are dead.

I know I can't find you if you don't want to be found. And I know you'll be found if you want to be.

Ruth が Nao の日記の世界に引き込まれていくにつれて、読んでいるこちらも引き込まれていきました。後半は、先が知りたくて知りたくて、私にしては結構速いペースで読んだと思います。

この本は、読む人の思いによって受け取るメッセージが異なる、なんか不思議な本だと思います。

私にとっては、この本を読んで、(祈りを含めた)思うことの力、思うことによって自分の行動が変わり、他の人の行動が変わり、世の中もほんの少しだけ(良い方向に)変わるのだ、というようなメッセージをいただいたような気がしています。

ある方は「震災で行方不明になられた方への Ruth の想いがあの結末に込められている気がして…」といったご感想をお持ちでした。確かに、この本からは、そのような「祈り」のようなものも感じます。

また、この本は、英語の本なのに日本語が沢山出てきます。ローマ字だけでなく、平仮名も漢字も出てきます。そういう意味でも、とても不思議な感じのする本です。邦訳するのがとっても難しそうです…

正直なところ、知らない単語も沢山あり、量子力学の話も出てきたりして、読むのに骨が折れました。なので、この本を十分に理解できている自信はないのですが、この本についていろいろ考えれば考えるほど、いろいろなメッセージを受け取ることが出来ました。

非常に味わい深い本だと思います。

読みました(洋書/ビジネス・社会) ~ The Signal and the Noise

「予測・予想」に関する本です。

実は、最初この本を知った時は、テーマにあまり興味が持てずに読まないでいたのですが、渡辺由佳里さんの洋書ファンクラブで「これを読まずして年は越せないで賞」の候補になっていたので、思い切って読んでみました。

このような分野に疎い私にとっては、読むのに結構骨が折れましたが、具体例が豊富なので、思っていたよりも興味深く読むことができました。具体例としては、

「選挙の予想」「野球・バスケットボールに関する予想」「気象予報」「地震の予測」「経済に関する予測」「病気感染拡大の予測」「チェス・ポーカーに関する予測」「地球温暖化に関する予測」「テロの予測」

等々、「身近な問題」から「とても大きな問題」まで、本当に沢山の例が挙げられています。

本書の前半では、「予測・予想」とはどのような作業なのかについて説明し、後半で、その「予測・予想」をより良い、より正確なものにしていくにはどのようにしたら良いか、について述べています。

「予測・予想」とは、過去・現在のデータから重要な要素(Signal)を捉え、今ある知識を駆使して自分なりに解釈し、確からしい法則等を導き出し、それに基づいて将来の事象を推測することである。そして、過去・現在のデータの中には、重要な要素(Signal)を見えなくする余計な(関連性のない、イレギュラーな)データ(Noise)が沢山含まれていることから、「予測・予想」という作業は極めて困難な作業となり、「予測・予想」は不確かにならざるをえない(断定的な「予測・予想」は不可能である)。

…という風に私は理解しました。そして、

その「予測・予想」をより良い、より正確なものにする為には、現在の自分の「予測・予想」(立ち位置)をまず定め、新しいデータ、新しい事象に出会うたびに、自分の「予測・予想」に繰り返し修正を加え、より正確なものにしていく弛まぬ努力が必要である。その際には、新しいデータ、新しい事象に飛びつき、それらのみに基づいて判断する(今までの考えを捨て去る)ような極端な「予測・予想」をすべきではなく、あくまで自分のこれまでの「予測・予想」をベースにして、それに修正をかけ続けるという地道な作業が大事である。その際には、「ベイズの定理(Bayes's Theorem)」が非常に有用である。

…という風に私なりに理解しました。この視点は、自分が仕事をしていく上でも、子育てをしていく上でも、大事なのではないか、と思いました。また…

より良い、より正確な「予測・予想」をする為には、「将来は予測不可能だ…」と諦めるのではなく、「少しでも真実に近づいていこう」とする姿勢が大事であり、一方で、自分の「予測・予想」を過信しない謙虚な姿勢(自分の「予測・予想」にバイアスがかかっている可能性を常に念頭に置く姿勢)も大事である。

…とも感じました。

この本は、万人向けの本ではないように思いましたが、読むことで新たな視点が得られる良書だと思います。少しでも興味が持てたら、ぜひ読んでみて下さい!

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

Twitter