« アイルランド音楽 コンサーティーナ ギャラリー? | トップページ | 読みました(洋書/ビジネス) ~ The New Rules of Marketing & PR (Fourth Edition) »

アイルランド音楽 C管、Eb管、Bb/F、Ab/Eb

Hawkes_flute_1 Copley_2 Watson_1

アイルランド音楽では、通常、フルートはD管が、コンサーティーナはC/Gが使用されるのですが、時々、他のキーのフルート、コンサーティーナも使われることがあります。

アイルランド音楽専用の「もう一つのブログ」には、C管Eb管のフルート、Bb/FAb/Ebのコンサーティーナでの録音もいくつかあります。

【以下、「もう一つのブログ(英語)」にリンクしております。】

C FluteD管より一音下)→ 16の録音

Eb FluteD管より半音上)→ 15の録音

Bb/F ConcertinaC/Gより一音下)→ 11の録音

Ab/Eb ConcertinaC/Gより二音下)→ 6の録音 

今までよく吹いたり、弾いたりしていた曲でも、違うキーの楽器で演奏してみると新鮮な感じがして、なかなか楽しいです。

C管のフルートは、D管に比べて息が必要で、指も届きにくくなるので、私にとっては少し吹くのが大変です。

Eb管のフルートは、D管よりも息が楽なのですが、ちょっと吹き方を変えないと良い音が出ないので、私にとってはそれなりに吹くのが難しいです。

Bb/FAb/Ebのコンサーティーナは、C/Gよりも少し多めに空気を送る必要があるのですが、それほど弾き方に違いはないと思います。Bb/FAb/Ebも、弾いた曲が自然と落ち着いた感じになるので、弾いていると、とても気分がいいです。

コンサーティーナには、通常のC/Gよりも1オクターブ低い楽器(バリトン・アングロ)もあるのですが、入手するのはなかなか難しいようです(アコーディオン・リードの楽器であれば、入手できそうな感じ…)。

Bbf_jeffries_concertina_1 Ab_eb_1 Grinter_flute_c_1

ご覧いただき、ありがとうございました。m(_ _)m

« アイルランド音楽 コンサーティーナ ギャラリー? | トップページ | 読みました(洋書/ビジネス) ~ The New Rules of Marketing & PR (Fourth Edition) »

楽器(Flute & Concertina)」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アイルランド音楽 コンサーティーナ ギャラリー? | トップページ | 読みました(洋書/ビジネス) ~ The New Rules of Marketing & PR (Fourth Edition) »

Twitter