« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

読みました(児童書) ~ 「いたずら いじわる とおせんぼ」宮川ひろ

娘 「これ、いい本かもしれない。小学生の気もちがよく分かっているなぁ…って思ったの。」

私 「そぉ~?」

と、いうことで読んでみました。

私 「いい本だね。どこの部分が、小学生の気持ちが分かっているなぁ…って思ったの?」

娘 「学校に行きたくないときの気もち。」

私 「そうなんだぁ。どんな時に行きたくなくなるの?」

娘 「つかれているときとか…」

私 「他には?」

娘 「あそびたいときとか…」

私 「お父さんも、時々、会社行きたくない時あるなぁ…」

娘 「そうなんだ。」

私 「先生も、学校に行きたくない時、あるんじゃないかなぁ…絶対言わないと思うけど…」

   「○○ちゃんは、学校に行きたくない時、『とおせんぼ』は現れるの?」

娘 「『とおせんぼ』はないかな。そこまではないかな。」

ということで、20年以上前の児童書(小学1~2年むき)ですが、なかなか良い本でした。

ポプラ社の紹介ページ

【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中!(Steffen Gabriel/70,000円)

下記のフルート、他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------

ドイツの製作者のアイリッシュ・フルートです。

フルートを持った感じは非常に良く(=持ちやすい)、作りもしっかりしていると思います。

ただ、私がメインで吹いているフルート(Grinter)とは、どうも鳴らし方が異なるようです。(Sam Murrayのフルートの時も、同じように感じました…)

だんだんと鳴るようになってきましたが、メイン楽器と吹き分けるのも大変なので、売り出すことにいたしました。

・製作者     Steffen Gabriel

         (フルート吹きの方です。とてもいい演奏をしますよ。)

・材質         木製(Grenadilla)

・キー         D管

・モデル     Rudall & Rose ベース

         キーレス

                チューニング・スライド付

           金属管が歌口のところまで入っているタイプ

・購入時期  2013年7月

・価格        85,000円 → 70,000円(2014年3月に値下げいたしました)

・ケース    有(フルートとは別に、国内で購入したものです)  

Gabriel_1 Gabriel_2 Gabriel_3 Gabriel_4

Gabriel_5 Gabriel_6 Gabriel_7 Gabriel_8

Steffen Gabriel's mark

Gabriel_9

ご参考までに、このフルートで少し録音してみました。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

m(_ _)m

読みました(洋書/実用)~DON'T SWEAT THE SMALL STUFF...and it's all small stuff

この本では、自分の人生を「幸せに」「穏やかに」「ゆったりと」過ごすための、ちょっとしたヒントが紹介されています。

大きく捉えると、

イライラしたり、ストレスを感じたりする出来事の大半は、見方をちょっと変えれば、大したことではない(些細なことである)と分かるはず。そのような些細な出来事(small stuff)にくよくよする必要はないのだよ!

というメッセージを伝えようとしていると思いました。

ちょっとしたヒントが100個も挙げられており、全部を実践してみるのはちょっと大変そうなので、今の自分にあったヒントをいくつか見つけて、実践してみようと思いました。

私は、次の10のヒントを心掛けてみようと思いました。

8. Do Something Nice for Someone Else - and Don't Tell Anyone About It
 誰にも言わない方が、より良い気分になれる?!

13. Become More Patient
 邪魔してくる子供達に、全く悪気はないんですよね…

18. Allow Yourself to Be Bored
 時々、ボーっとするのも大事! 心も体も休息が必要!

21. Imagine Yourself at Your Own Funeral
(100. Live This Day as if It Were Your Last. It Might Be!)
 本当にやりたい、大切なことはなんでしょう?

76. Get Comfortable Not Knowing
 Remember: maybe so, maybe not.

80. Become an Early Riser
 朝早くは、誰にも邪魔されませんよね。

81. When Trying to Be Helpful, Focus on Little Things
 Mother Teresa once said, "We cannot do great things on this earth. We can only do little things with great love."

82. Remember, One Hundred Years from Now, All New People
 こんなこと、100年後には誰も覚えていないよねぇ…

85. Transform Your Relationship to Your Problems
 問題が起きるのは避けられない。それが普通。

90. One More Passing Show
 良いことが永久に続くことはないし、悪いこともいつかは終わる…

執筆当時、著者には小さい子供達がおり、仕事などの邪魔をされていたようですが、その場合に著者がどのように対処したか、ということも書かれていました。小さい子供がいる親として、とても参考になりました!

また、この本は100の章に分かれており、1つ1つの章がとても短いので、とても読みやすかったです。ちょっとした空き時間にも読めるので、スムーズに読み進めることができました。英語学習(多読)にもお勧めです。

ちなみに、日本語訳も出ています。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

Twitter