« カフェ・ラテ | トップページ | インスタントラーメン発明記念館 »

読みました(洋書/心理学)~Thinking, Fast and Slow

細かい字で400頁以上あり、内容も真面目なので、読み終えるのにかなり時間がかかりました。それでも、具体的な実験・観察・調査例に基づいて話が進んでいくので、頑張って読み通すことができました。内容は、非常にためになると思いますので、頑張って読む価値があると思います。

人は、自分では合理的な判断・選択をしていると思っていても、実は、無意識に、思い出しやすい印象的な過去の経験に引きずられたり、その時々の気分に影響を受けたりしてしまうので、首尾一貫した合理的な判断・選択をすることは非常に困難である。

本書では、そのようなことを、様々な側面から、沢山の具体的な実験・観察・調査例を紹介しながら、丁寧に説明しています。

どのような時に不合理な判断・選択をしてしまうのか?

このことをより理解することにより、より良い(合理的な)判断・選択をできるようになり、その結果、より幸せな、充実した生活・人生を送れるようになれればなぁ…と思いました。

本書で「なるほど」と思った箇所はたくさんありますが、その中でも特に印象に残った箇所は…

The poorer man will happily pay a premium to transfer the risk to the richer one, which is what insurance is about.

Gottman (the well-known expert in marital relations) estimated that a stable relationship requires that good interactions outnumber bad interactions by at least 5 to 1.
(この話は、前に読んだ本にも出てきました!)

The plaintiff with a strong case is likely to be risk averse.

A defendant with a weak case is likely to be risk seeking.

この辺りです。どれも、本書の主題とは少しそれた箇所ですが…

この本を読み終わって、人の頭(心?)の動きは、なかなか難しい(面白い?)と、しみじみと感じております。

邦訳も出ています。

« カフェ・ラテ | トップページ | インスタントラーメン発明記念館 »

English Book(洋書)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェ・ラテ | トップページ | インスタントラーメン発明記念館 »

Twitter