« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

読みました(洋書/社会) ~ THE PSYCHOPATH TEST

副題の"A Journey Through The Madness Industry"のとおり、ちょっと(かなり?)可笑しな人達や心理学者達を沢山訪ねながら、ユーモアたっぷりに話が進んでいくので、とても面白く、毎日の通勤電車で読むのが楽しみでした。

Psychopath(精神病質者)とは、他人に同情・共感したりすることなく、自分の責任をとることもなく、罪悪感もなく、反社会的な行動をとる人達のことのようです。当然、犯罪者になる者も沢山いますが、いわゆる社会的に高い地位について、過酷な政策・方針をためらいなく実行するような者も、どうも結構いるようです。

Psychopath もそうですが、もっと広く「精神障害者」について言っても、「精神障害者」と「通常の人」と明確に区別できる訳ではなく、その間に位置する人達がたくさんいます。しかしながら、「精神障害者」かどうか診断するチェックリストのようなものがあり、一定の点数を超えると「精神障害者」と見なされることになり、「精神障害者」と「通常の人」との間に線が引かれることになります。一定の点数を超えるか否かで、その人の今後の人生が大きく左右されることに、著者はちょっと疑問を感じているように思いました。多くの人が、「精神障害者」的な側面を多少は持ち合わせているのですから…

読了後に、「で、結局、何が言いたいんだろう?」と思ってしまったのも事実ですが、とても興味深く読めましたので、やはりお勧めです!

翻訳も出ていますよ!

奈良小旅行

だんだん涼しくなってきたので、一家で奈良に行ってきました。近鉄奈良駅を10時半頃にスタートしました。

1 興福寺(世界遺産)

Photo_3 Photo_7 Photo_4

左から、南円堂(なんえんどう/重要文化財)、五重塔(国宝)、東金堂(とうこんどう/国宝)です。この後、国宝館(撮影禁止)に行って、有名な、優しい表情の阿修羅像など、国宝の数々を拝観しました。

東大寺門前 夢風ひろば」で昼食をとった後、次は…

2 東大寺(世界遺産)

Photo_8 2

まずは、南大門(国宝)。とにかく大きいです、古いです(現存のものは1203年竣工)。鹿さんもたくさんいます。下の娘が逃げまくっていました…

Photo_9 2_2 3

続いて、大仏殿(国宝)。こちらもとにかく巨大です。江戸時代に再建されたものとのこと。

Photo_19 2_8

大仏殿前の、八角灯籠(国宝)。音声(おんじょう)菩薩が横笛を吹いています。縦笛を吹いている菩薩もいらっしゃいました。

Photo_10 2_3 3_3

そして大仏(盧舎那仏坐像/国宝)。やはり大きく、偉大な包容力を感じます。

Photo_11 Photo_12

大仏殿の中には、広目天(こうもくてん)、多聞天(たもんてん)もいらっしゃいました。こちは江戸時代のものですが、実に見事な立像。

そして、大仏殿をあとにして、東に向かいます。

Photo_13 3_4 2_4

階段を上って二月堂(国宝)に到着です。建物自体も趣がありますが、なんといっても奈良市街の眺めがすばらしいです。写真ではうまく伝わらないなぁ…

Photo_14 2_5

こちらは三月堂(法華堂/国宝)。東大寺の中で、最も古い建物だそうです。

その後、鹿さんがたくさんいる若草山を経由して…

Photo_15 2_6 3_5

3 春日大社(世界遺産)

ちょっと疲れてきたからでしょうか、写真を撮り忘れました。御本殿の参拝は、初穂料が必要ということで、予算オーバーのため諦めました。また、今度…

Photo_16 2_7

春日大社の付近の森です。夫婦大国社(めおとだいこくしゃ/春日大社の末社)にも寄りました。

表参道を通って岐路につきました。飛火野(とぶひの)でくつろぐ鹿さんたちを眺めつつ、途中でアイスクリーム休憩を入れて、

Photo_17

猿沢池(さるさわいけ)から、午前中に拝観した五重塔を眺めつつ、近鉄奈良駅に17時頃に戻りました。

Photo_18

沢山、歩きました!(帰りの電車で熟睡しました…) 

次回の奈良行きは、法隆寺かな…

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

Twitter