« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

読みました(洋書/ビジネス・社会問題) ~ WE FIRST - How Brands & Consumers Use Social Media to Build a Better World

この本も、アメリカの Amazon で売れているようだったので読んでみました。「ビジネス書」のベストセラーとして紹介されていたように思うのですが、どちらかというと「社会問題に関する本」のように感じました。ぐいぐい引き込まれるような本ではないですが、いろいろ考えさせられる良い本だと思います。

今日、地球温暖化・資源の枯渇・貧困といった、複雑かつ深刻な問題が世界規模で拡大しており、このような厳しい現実に対処するためには、「企業」も「個人」も、"Me First"(私自身のことが一番大事)の考え方から"We First"(私達(この世界全体)のことが一番大事)の考え方に変わっていかなければならない、と著者は主張し、具体的な実践方法を提案しています。

また、「世の中にとって良いことをしたい!」と思うのは、人がもともと持っている性質であり、現に"We First"の考え方を積極的に実践する「企業」も多数現れてきており、そのような企業を積極的に支持する「個人」も増えてきていることを、様々な調査結果や実例を挙げて説明しています。そして、このような流れを、規模、スピード共に加速させ、「政府」も「NGO」も「企業」も「個人」も協働して、地球温暖化、資源の枯渇、貧困といった難しい問題に本気で取り組もう、と呼びかけています。

そして、本書をこう締めくくっています。

Whether or not we realize it, this outcome depends on our choices as individuals. It is our personal responsibility to manage our thinking, behavior, and lives so that we bring our best selves to the challenges ahead. Every daily choice, task, and commitment represents a chance to shape our future and add meaning to our lives.

We are the only ones who will build the world we want. I invite you to join the the We First movement. Let's put each other first.

「希望を持って、より良い世の中のために、自分のできることを一つ一つ実行していきたい!」と思いました。

読みました ~ 『はじめての認知療法』

先日、会社から借りてきて読んだ本です。会社にも時々来ていただいている、日本における「認知療法」の第一人者である大野先生の本です。

うつ病などの精神疾患に対して「認知療法(Cognitive Therapy)」がどのように適用されるのかを分かりやすく解説している、「認知療法」の入門書です。200頁ほどで簡潔に、具体例を交えて分かりやすく書かれているので、私は、2日間で一気に読み終えてしまいました。

昔、本で読んで共感した「論理療法」に近いものだったので、個人的には素直に受け入れられました。

例えば、

同じ「事実」でも、人によって、そしてそのときの気持ちの状態によって違った形で解釈されることがあり、それに応じて、落ち込んだり不安になったり腹が立ったりという、違った気持ちになっていることがわかります。自分が見ている「事実」が客観的な「真実」と違うからです。(この考え方は、認知療法においては重要なポイントだと思います…)

とか

問題を絞り込んだ後は、その問題に対してできるだけ多くの解決策を考えてください。これを「数の法則」と呼びますが、多く考えれば考えるほど、解決につながる方法が含まれる可能性が高くなります。そのときに、ばかばかしいと思うものも却下せず、とにかく多くの解決法を考えていくことが大事です。

とか

一度自分の頭を問題から解放して自由にすると、じばらくたって思いがけない解決策が頭に浮かぶことがあります。私たちの頭には、そうした潜在能力があるのです。

とか

不安なとき、緊張したとき、気持ちが沈み込んだときに、静かに座るか横になって、お腹でゆっくりと深い息をすると気持ちが落ち着いてきます。

といった考え方には、とても共感しました。最新のビジネス書(洋書)にも、このような考え方が多く取り上げられていますので、精神疾患の治療法としてだけではなく、日常生活においても大いに活用できる考え方なのだと思います。

最後に、巻末に載っている「こころのクセ チェックリスト」をやってみた結果です。

思い込み・決めつけ 7点

白黒思考       5点

べき思考       8点

自己批判       7点

深読み        9点

先読み         7点

ちょっと「深読み」しすぎる傾向があるようですね…  

行ってきました ~ 六本木ヒルズ 東京シティビュー

入場券を頂いたので、夏休みの終わりに、一家で六本木ヒルズに行ってきました! 「東京シティビュー → スカイデッキ → スカイアクアリウム → 森美術館」のフルコースだったので、結構足が疲れましたが、それほど混んでいなくて、十分楽しむことができました。

東京シティビュー

Cityview1_2 Cityview2

Cityview3 Cityview4

Cityview5 Cityview6

眺めが素晴らしかったです。冬の空気の澄んでいる時に来たら、遠くまで見渡せて、より眺めがいいのでしょうね…

スカイデッキ

Skydeck1 Skydeck2

ビルの屋上を少し整備しただけですが、開放感があり、気持ちがいいです。

スカイアクアリウム

1 2

3 4

5 6

きれいなのですが…魚たちがなんとなく悲しそう。子供達のうけもイマイチ…

森美術館

撮影禁止…でも、個人的には、ここが一番面白かった!

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

Twitter