« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

【売れました!ありがとうございました m(_ _)m 】 コンサーティーナ(Edgley, C/G)売り出し中 ~ 270,000円 ~

今年の3月に購入したコンサーティーナ(Edgley, C/G)を売りに出します!

コンサーティーナ・リードではなくアコーディオン・リードの楽器ですが、レスポンスの早い、いい楽器だと思います。音色も、9年前の Edgley さんの楽器と比べると、向上している(柔らかくなっている)ように思います。品質のいいコンサーティーナを探している人には、ちょっと高いですが、私はたいてい Edgley さんの楽器を勧めております。

この半年ぐらいは、メインのコンサーティーナ(Wakker, C/G)と同じくらい弾いていました。どちらの楽器も弾いていてとても楽しいのですが、どちらかというとコンサーティーナ・リードの音色の方が私の好みなので、アコーディオン・リードEdgley は手放すことにいたしました。

価格は、写真に写っているケース込みで、270,000円になります。アコーディオン・リードの楽器としては、品質が良い分、ちょっと高めだと思います。

ちなみに、私が購入した時よりも更に円高になっていますので、もしかしたら、直接 Edgley さんから購入された方が安いかもしれません。また、直接買われても、納入までの時間はそんなに長くないと思いますよ。

以下、詳細な情報です。質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

【製作者のホームページ】

ホームページ

ブログ (この楽器も載っています Bocote Concertina

【仕様の詳細】

Layout : Jeffries layout

(注意!)右手側、一番外側の列の「C#/D#」のみ、Wheatstone layoutと同じく「C#(押し)/D#(引き)」に変更しております。ご希望がありましたら、元の「D#(押し)/C#(引き)」に戻すようにいたします。

Reedpan : Parallel reedpan

Bellows : 7 fold bellows

Ends : Flat metal ends

Keys : 30 plastic(Delrin) keys

Model : Professional model

【写真(クリックすると拡大します)】

Edgley_concertina_1_2 Edgley_concertina_2 Edgley_concertina_3 Edgley_concertina_4

Edgley_concertina_5 Edgley_concertina_6 Edgley_concertina_7 Edgley_concertina_8

Edgley_concertina_9_keys Edgley_concertina_10_handstrap Edgley_concertina_11_case1 Edgley_concertina_12_case2

【サンプル音源】

私のアイルランド音楽のブログ(英語)に、私の演奏(上手くないですが…)を載せてありますので、ご参考にして下さい。

ご興味を持っていただき、ありがとうございました!

My_baby_playing

我が家がよく行く『北区中央図書館』

…の写真です。昔の倉庫(1919年建設)をうまく使った、面白い建物です。まだ新しいので、館内はとてもきれいです。

1_2 2_2

3_2 4_2

5_2 6_2

絵本がとても沢山あるので、この北区中央図書館にはよく行きます。子供の本のコーナーが広々としているので、大人も子供も、のんびりと絵本を探すことができます。

館内のカフェにも時々行きます。量は少なめですが、落ち着くことができますね。

7_2 8_2

最近は、公共施設もサービスが良くなってきていていいですね。

読みました(洋書/ビジネス・音楽) ~ Marketing Lessons from the Grateful Dead

9月に洋書ファンクラブの渡辺由佳里さんの翻訳で日本語版が出るので、それまで待とうかとっても迷ったのですが、「ほぼ日刊イトイ新聞」の記事を読んで、少しでも早く読みたくなり、洋書を読むことにいたしました。

読み始めのちょっとだけ、「少し読みにくにかなぁ…」と思ったのですが、すぐにその懸念は払拭されました。具体例が豊富で、Grateful Dead から学べることが、ポイント毎にとても分かり易く書かれていました。さすが、David Meerman Scott さんですね! マーケティングに関する本ですが、構えないで力を抜いて読むことが出来ました。

内容に関して、特に興味をもったのは次のところ。

Chapter 5  Experiment, Experiment, Experiment

Instead of seeing failure as something to be avoided, CEOs and management teams need to free their marketers to experiment, quickly learn from failure, and experiment again.

→ どんどん実験(失敗)して、どんどん学ぼう!

Chapter 8  Encourage Eccentricity

...we are all eccentric in some ways.

Remove any content that looks similar to your competitors'. Delete what's boring. Make sure your web site, blog posts, newsletters, and e-mails are unlike all others in the marketplace.

→ ライバルとは全く違った、ユニークなものを提供しよう!

Chapter 10  Put Fans in the Front Row

Give your best deals to existing customers.

Communicate to this loyal group first.

→ 今いるお客さん、自分達のファンを大事にしよう!

Chapter 13  Free Your Content

While your marketplace has stopped listening to your ads, they have fundamentally changed the way they learn about new products. They use search engines, blogs, and social media sites.

→ 今までの広告・CMは、見向きされなくなってきているぞ!

Chapter 19  Do What You Love

You're much better off working in an industry in decline that you're passionate about (i.e., even the car business) than you are working in a hot, growing industry for which you have no passion (i.e., management consulting)

→ 好きなら、ゼネコンでもいいのさ!

この本に出会うまで、Grateful Dead というバンドは、実は全く知らなかったのですが、この本を読んでとても興味がわいてきました。YouTubeにたくさんたくさん動画があるので、どんな演奏をするのかいろいろと見ることができます。

CDも買っちゃおうかなぁ…でも、Grateful Dead のマーケティング戦略にまんまとはまっているようで、少しくやしいいなぁ…

読みました ~ 『ゆるく、自由に、そして有意義に ストレスフリー・ツイッター術』

私がいつも参考にさせて頂いている「洋書ファンクラブ」の渡辺由佳里さんが書かれた、ツイッターに関する本です。ツイッターを楽しく有意義に使うためのヒントが、具体的な話を交えて分かり易く書かれています。なかなか面白く、私は一日で一気に読んでしまいました。

今まで私は、ツイートする時は「なるべくテーマがぶれない様にしよう」と思って、いろいろと書きたい気持ちを押さえていたのですが、この本を読んで、「そんなにガチガチに考える必要はなさそうだなぁ…」と、少し気が楽になりました。これからは、現実の社会と同じく、もっと自然体で、いろいろなテーマについてツイートしていきたいなぁ…と思いました。

また、私はマニュアル等をあまり読まずに、初心者の知識のままツイッターをしていたので、「非公式RT」の仕方や、「リスト」「ツイッタークライアント」「パーマリンク」の使い方が分かったのも、大きな収穫でした。早速、「ツイッタークライアント」の HootSuite を使い始めました!

「ツイッターはコミュニケーションのツール(手段)」に過ぎない、ということを心に留め、ツイッターを自分なりに使っていこうと思いました。

ツイッターを使っている方には、お勧めの本です!

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

Twitter