« 読みました(洋書/ビジネス) ~ Enchantment - The Art of Changing Hearts, Minds and Actions | トップページ | ピアノ演奏 »

<売れました、ありがとうございました!>【再掲】アンティーク・フルート売出し中!(価格 50,000円)

売り出し中のアンティーク・フルートは、まだ買い手が見つかっておりませんので再掲いたします。サンプル音源(Set dance と Slide)を載せておきますので、ご参考にして下さい。

よろしくお願いいたします。m(_ _)m

************************************

以下は、昨年10月に書いた記事です。

2010_03210077_2 2010_03210063

こちらは、eBayでイギリスの方から購入したアンティークフルートです。8キーのD管ですが、残念ながらメーカーは不明です。Chiff & Fipple の書き込みでは、'Barnett Samuel Dulcet'ではないかとか、'Metzler'ではないかとか言われていました。

D管のアンティークフルートを一度じっくり吹いてみたくて購入したものです。音色は好きなのですが、やはりGrinterとかOlwellと比べるとちょっと吹きにくいので、手放すことにいたしました。

アンティークフルートなので、以下のとおりいくつか留意点がございます。

1 頭部管のクラック

多くのアンティークフルートと同様に、頭部管にクラックがありますが、金属管が入っているので息漏れはしません。ただ、なんとなくそのままにしておくのは嫌だったので、簡易な方法で補修しておきました。

2010_03210087 2010_03210086

2 長いチューニングスライド

広い音域に対応するためチューニングスライドが長くなっているそうで、A=440で吹くためには、吹き方にもよるかと思いますが、現在のメーカーのアイリッシュフルートに比べて、チューニングスライドを多めに抜くことになります。

2010_03210075 2010_03210079

3 A及びBの音程

2の影響でもあるのですが、A=440で吹くとA及びBの音程が高くなってしまうので、コルクで音孔の大きさを調整いたしました。

2010_03210074

4 管の太さ 

管の太さが細めなので、手の小さい私には持ち易いのですが、音量は小さめです。セッションで吹くよりは、一人や少人数で吹くのに適していると思います。

5 ケース

購入した時にはケースがなかった(フルートそのものがエアパックに丁寧に包まれて送られてきました)ので、東急ハンズで「桐箱」と「ウレタンフォーム」を買ってきてケースを作りました。このケース代も価格に含まれております。

2010_03210083 2010_03210085

「昔の方(とはいっても19世紀)は、こんな感じのフルートを吹いていたのか。」と思いながら吹くのも、なかなか楽しいですね。また、見た目もアンティークらしく味わいがあり、眺めているだけでもなかなか楽しいです。

キー付きフルートを安い価格で購入したい方、アンティークフルートを吹いてみたい方、等々にお勧めです。興味がある方は、ぜひお声掛け下さい!

« 読みました(洋書/ビジネス) ~ Enchantment - The Art of Changing Hearts, Minds and Actions | トップページ | ピアノ演奏 »

楽器(Flute & Concertina)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読みました(洋書/ビジネス) ~ Enchantment - The Art of Changing Hearts, Minds and Actions | トップページ | ピアノ演奏 »

Twitter