« ピアノ | トップページ | 『 in Ireland 』 »

Glenn Watson

100711_15140001_2タムボリンから、Colm Gannon, Jesse Smith & John Blakeの'The Ewe With the Crooked Horn'が届きました。基本的には、John Blakeが二人の演奏をサポートする感じだと思いますが、何トラックかでJohn Blakeのフルートが聴けるのが嬉しいですね。

John Blakeは、もちろんピアノもギーターもいいのですが、フルートも大変気に入っております! いつも、「誰のフルートを吹いているのかなぁ…」と気になっていたのですが、今回は使っているフルートのメーカーが載っており、なんとGlenn Watsonのフルートでした。

Watsonのフルートは、なんとなく気になっていたのですが、CDの演奏で使っているのは初めて見ました。Watsonのフルートのホームページでは、Harry Bradleyの演奏が少し聴けるのですが、なんとなく高音の音色が好きではないなぁ…と思っていました。でも、このCDでのJohn Blakeの演奏はいい音色だったので、きっといいフルートなんでしょうね。将来、Eb管を買うとしたら、候補のメーカーの一つですかね。


話は変わりまして、現在、我が家にペットがおります。

100711_15130001_2

ゴマダラカミキリの「リティー(←命名は娘)」です。水曜日に我が家(6階)のベランダにいたのを捕まえたそうです。幼稚園に置いてくるかなぁ…と妻と私は期待していたのですが、娘は毎日律儀に幼稚園から家に持って帰ってきます。

餌は、リンゴ、柳の葉等です。まだ元気そうですが、狭い場所で飼っているので、来週にでも逃がしてあげたいですね。

« ピアノ | トップページ | 『 in Ireland 』 »

楽器(Flute & Concertina)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノ | トップページ | 『 in Ireland 』 »

Twitter