« 録音 | トップページ | ピアノ »

録音(その2)

今日は、早く帰って来れたので、また少し録音してみました。

Set Dance / The Job of Journeywork

Jig / The Rolling Waves, Finbar Dwyer's Favorite

(D flute made by Sam Murray)

Murrayのフルートに慣れていないからでしょうか、本日の仕事の疲れが出ているのでしょうか、前回の録音よりもリズムが重く、なんかよたっていますね…

GrinterのフルートとMurrayのフルートとの違いが出ればなぁ…と思っていたのですが、あまり分かりませんね。どんな楽器でも吹き手次第、ということでしょうか?

録音は、思ったよりも大変だなぁ…と思い始めております。まず、私にとっては、間違えないで吹き通すこと自体が大変で、更にいい音を出そうとすると、かなり疲れます。それでいい演奏が録れればいいのですが、なかなか自分の思うようには吹けないものですね。

ライブとか録音とかしている方は、本当にすごいなぁ…と、今さらながら実感しております。

« 録音 | トップページ | ピアノ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 録音 | トップページ | ピアノ »

Twitter