« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フルート修理

先日、Chiff and Fippleで、Englandの方から、とあるキーレスフルートを一本買い、一昨日無事に届きました。前から吹いてみたいと思っていたメーカーのものです。

Dsc_6366_3

軽く音の鳴る良い楽器だったのですが、Dの音が私の吹き方では低すぎて、吹いていてなんか気持ちが悪い。吹き方を工夫しても、どうも音程を調整するのが難しそうだったので、早速、修理することにしました。

とは言っても、Dの音を高くするためには、足部管の穴(レゾナンスホール)を一度埋めて、改めて少し上の位置にあけ直すことになるのですが、経験のない自分がやってみるのはあまりにも無謀なので、修理できる所をインターネットで探すことにしました。

Dsc_6374_2

大阪に一件良さそうな修理屋さんがあったのですが、直接会って話せた方がいいだろうと思い、東京の修理屋さんを探しました。そうしたところ、目白の「テオバルト」という修理屋さんを見つけ、電話してみたところ対応が可能そうだったので、早速、本日行ってきました。昔、何回か行ったことのある「ギタルラ」の近くでした。

修理屋さんでは、穴を上の方に空け直す方針はすぐに決まったのですが、どの位ずらしたらいいかについては、やってみないと分からないようだったので、結局、参考に持って行ったGrinterとだいたい同じ位置になるように、穴の半径(6mm)分、上にずらすことになりました。

木製ということで、修理に3週間かかるそうです。出来上がってきたら、また報告します!


…ちなみに、帰りがけに、家族へのお土産としてエーグルドゥースのケーキを買って帰りました。車で買いに来ている人もいて、結構混んでいて、修理屋さんと同じくらい(…は言いすぎか)時間がかかってしまいました。ケーキは、文句なしに美味しいです!

読みました(洋書/フィクション) ~ A Painted House

100518_22250001_2John Grishamの'A Painted House'を読み終わりました。John Grishamですが、法律ものではなく、1950年代のアメリカの農村を舞台にした作品です。農村での厳しい、やるせ無いような生活が描かれているにもかかわらず、なぜか暖かい感じのする、なんとも不思議な作品でした。450頁くらいありましたが、話に引き込まれて、一気に読むことができました。

今回も、仕事が忙しくてあまり調べられませんでしたが、以下、分からなかった単語等です。

<動詞>
appease なだめる、落ち着かせる
circle the wagons (幌馬車隊が外敵から身を守るときに円陣を組むことに譬えて)
            1つのグループが結束して外敵から身を守る
congregate 集める、集まる
constrict 引き締める、締めつける
contaminate 汚す、汚染する
         悪影響を及ぼす
come to terms 合意に達する、折り合いがつく
designate 指名する、任命する
despise 軽蔑する、見下す
fret やきもきする、思い悩む
gripe 不平を言う、ぐちをこぼす
haunt (人、心に)絶えず浮かぶ、つきまとう
hibernate 冬眠する、避寒する、引きこもる
pout 口を突き出す、ふくれっつらをする
relent 優しい気持ちになる、気持ちを和らげる
till 耕す

<形容詞等>
contagious 人から人へ広がりやすい、移りやすい
gruffly ぶっきらぼうに
indifferent 無関心な、冷淡な
nonchalant 無関心の、平然とした
ominous 不吉な、不穏な
uppity 高慢な
vile 非常に嫌な、不愉快きわまる
an abundance of 多量の、多数の
with a vengeance 強く、激しく

<名詞>
ambush 待ち伏せ(攻撃)
bale 梱(こり)、俵(ひょう)
burlap バーラップ、黄麻布
carnage 大虐殺
concoction 調合物、調合薬
chore 雑用
coop 鶏小屋
cotton gin 綿繰り機(種子から綿繊維を分離する機械)
haul (1回に運ばれる)荷物の量
   強く引くこと、引っぱること
hygiene 衛生状態
infantry 歩兵隊
quota 割当量、割当額
sheriff 保安官
scorn 軽蔑、さげすみ
stalk 茎
tarp 防水シート
two-by-four 2×4インチ角の木材
trespasser 不法侵入者
varmint 害虫、有害動物

先日の…

…大崎のオープンセッションは欠席いたしました。ここのところの休日出勤&残業で、頭と体がなんとなく重く、大事をとって休みました。調子がすぐれない時には、フルートもいい音が出ませんよねぇ…

もう少しで仕事も落ち着くと思うので、来月は、なんとか体調を整えて参加したいと思います。

草津温泉

…に行ってきました。宿泊は、湯畑前のホテル一井でした。

100429_16290002 100429_16380001 100430_13030001

天気はそこそこ良かったのですが、数日前には雪も降ったそうで、朝晩はけっこう冷え込んでいました。

久しぶりの露天風呂は気持ちよく、早起きして、朝風呂にも入ってきました。湯畑脇の足湯「湯けむり亭」もなかなか良かったです。

観光としては、西の河原公園で遊んだり、湯もみ見物・体験をしたり、草津熱帯園まで動物に会いに行ったりしました。饅頭や煎餅を食べながらのんびりと散策して、最後は蕎麦で締めて、温泉気分を満喫できました。

でも、娘には硫黄の匂いがきつかったようで、温泉街を散策中、ずっと鼻をつまんでおりました…
(ちなみに、お風呂の温度も比較的熱めです。)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

Twitter