ブログの紹介

ご訪問、ありがとうございます! このブログでは、アイルランド音楽(アイリッシュ・フルート&コンサーティーナ)のことや、訪れた旅行先のことを中心に、思いつくままに記事を書いております。

洋書(ビジネス書、ノンフィクション、絵本等)の感想も書いておりましたが、だいぶ記事が溜まってきましたので、別のブログとして独立させました。こちらも、よろしければご覧下さい。

 ⇒ 「洋書雑読記」 http://irish.cocolog-nifty.com/english_book/

アイルランド音楽の曲については、セッションでの録音や自分の録音を別のブログ(英語)に載せておりますので、曲を探す際にでも使っていただければ幸いです。

 ⇒ 「Irish Flute and Anglo Concertina」 http://irish.cocolog-nifty.com/flute_concertina/

********************************************************************

<ご参考>

アングロ・コンサーティーナのメーカーについての記事はこちら…

 ⇒ http://irish.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-5cf2.html

アイリッシュ・フルートのメーカーについての記事はこちら…

 ⇒ http://irish.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-3e08.html

プラスチック(デルリン等)製のフルートのメーカーについての記事はこちら…

 ⇒ http://irish.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-ad3d.html

アイリッシュ・フルート売り出し中 <John Gallagher/100,000円/ケース無し>

他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------

John Gallagher氏(アメリカ)製作のアイリッシュ・フルートを売りに出します。キーレスのD管で、デルリン製です。2017年の3月に注文して、2019年7月に完成したものです。

音孔が小さいRudall & Roseタイプのフルートで、手の小さい私には音孔が塞ぎやすくて良かったのですが、メインで吹いているフルート(Grinter)と音のよく鳴るポイントが違っていて吹き分けるのに少々骨が折れるので、売りに出すことにしました。

丁寧に作られているだけあって、購入時は送料込みで14.4万円かかりましたが(本体価格はUS$1200)、まずは10万円で売り出したいと思います。ご興味のある方がいらっしゃいましたらご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

1_20190815130101 2_20190815130101

3_20190815130101 4_20190815130101

5_20190815130101 6_20190815130101

7_20190815130101 8_20190815130101

 

純さんの思い出

京都のセッションでお世話になっていたフルート吹きの純さんが亡くなられたとのこと。ご冥福をお祈りいたします。

純さんとの出会いは、私がブログを始めて間もない頃に、コメントを書き込んでくれたのが始まりだったと思います。その時の記事を探してみたらありました…

http://irish.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_325d.html#comments 

とても懐かしいです。

当時は、純さんもブログを書かれていて、アイルランド音楽のアルバムの紹介等をされていたように記憶しています。CDの好みが私と近くて、小さいお子様もいらっしゃったので、なんとなく親近感を覚えておりました。それが2005年、15年以上前ですね。

2012年に、仕事の都合で大阪に転勤となり、家族で引っ越すことになりました。それまで純さんにお会いしたことはなかったのですが、京都のセッションにお邪魔するようになり、純さんに初めてお会いすることができました。

大阪には6年間住んでいたのですが、純さんとお会いしてみると、私よりもアイルランド音楽が大好きで、CDも沢山聴いて勉強していて、フルートの練習も熱心にしているように感じました。同じフルート吹きなので、多少ライバル意識もあったと思いますが、純さんがどんどん上達していくので、「私も頑張らないとなぁ…」なんて思っておりました。

大阪に住んでいた頃は、私は主に心斎橋のMurphysのセッションに通っていたので、一乗寺のWoodnoteのセッションにはそれほど参加できていなかったのですが、我が家ではかみさんがよくWoodnoteのセッションに参加していました。Woodnoteの雰囲気が気に入っていたようで、いつも参加するのを楽しみにしていたようです。そして、その温かい雰囲気をマスターと共に作っていたのが、純さんだったように思います。ちなみに、娘たちもWoodnoteに行くのは楽しかったようです。

2018年の冬に東京に戻ってきて、落ち着いたらまた関西方面に遊びに行きたいなぁ…と思っていたら、2020年にはCovid19で旅行ができなくなってしまいました。

Covid19が収束して旅行ができるようになったら、行こうと思って行けていない詩仙堂にでも寄りながら、またWoodnoteにお邪魔したいと思います。純さんの穏やかな話し方や、温かいフルートの音色が聴けないと思うと、やはり淋しいですけどね。

 

山手線唯一の踏切

もう半年前になりますが、駒込駅から王子駅までの散歩がてら、山手線唯一の踏切「第二中里踏切」を見に行きました。駒込駅と田端駅の間にあります。

1_20210919112001 2_20210919112001

2029年度には、200mくらい離れたところに山手線を跨ぐ橋ができ、この踏切はいずれ撤去される予定とのこと。

橋の建設予定地を山手線の内側から見ると…

3_20210919112001

山手線の外側から見ると…

4_20210919112001

建設予定地付近の線路の様子はこんな感じです。

5_20210919112001 6_20210919112001

この公園も道路になるのでしょう。

7_20210919112001

 

【売れました】アイリッシュ・フルート売り出し中 <Walt Sweet (Shannon)/30,000円/ケース無>

他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。
------------------------------------------------------------

こちらのポリマー製のアイリッシュ・フルートも、引き続き売り出し中です。少し値下げいたしました。キーレスのD管で、2015年製です。

製作者はアメリカのWalt Sweet氏です。木製フルートも製作していますが、ポリマー製フルート「Shannon」で有名な方です。

価格の割には、なかなか吹きやすいフルートだと思います。

Shannon-1Shannon-2

Shannon-4 Shannon-3

Shannon-5 Shannon-7

Shannon-8 Shannon-6

※管をつなぐ所で、チューニングできるようになっております。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

【売れました】アイリッシュ・フルート売り出し中 <Copley/45,000円/ソフトケース付>

他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

------------------------------------------------------------

先日、注文していたJohn Gallagher氏のデルリン製のアイリッシュ・フルートが届いたので、今まで使っていたデルリン製のフルートを売りに出します。キーレスのD管で、2016年製です。

製作者はアメリカのDave Copley氏です。どちらかというとデルリン製フルートで有名だと思いますが、木製フルートでも評価が高いです。

このフルートは、比較的パワフルなフルートだと思いますが、全体的なバランスもよく、吹きやすいと思います。作りも丁寧です。

1 2

3 4

6 5

7 8

※管をつなぐ所で、チューニングできるようになっております。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

 

第37回 探求ナビゲータ講座<基礎編> に参加しました

6年くらい前から、いつかは行きたいと思っていた講座に、この土日で参加してきました。

兵庫県の「ラーンネット・グローバルスクール」が実施している、子どもの探究心を伸ばす為にはどのように子供に接すればよいのかについて考える講座です。対象は大人全般ですが、主に親や教育関係者を意識していると思います。

同スクールは、約20年に亘り、自立・探求型の学びの場を提供しているスクールです。

週明けから仕事が忙しくなりそうなので、私が子どもと接する時や、課のメンバーと話す時に、折に触れて見返せるように、(私にとっての)接し方のポイントを取り急ぎまとめてみました。(講義のテキストをベースにしています。)

******************************************************************

ステップ① 知る・感じる

 一人一人の子ども(メンバー)の特徴を観察や関わりの中で知り・感じる

 認め、信じる

・このステップが一番大事。これが十分にできていれば、②③のステップがうまくいくことが多い。

・子ども(メンバー)の特徴を批判しない、評価しない。良い面も悪い面も、そのまま認める、受け止める。

・一人一人特徴が異なることに興味を持つ、そのことを楽しむ。

・できれば、子ども(メンバー)の気持ちに共感する。

・私は、共感の仕方が控え目なようなので、もう少しはっきり(明確に/大げさに)共感した方が良さそうです。

・私は、ステップ①を十分にせずにステップ②に移ってしまう傾向があるようなので、ステップ①をもっと意識したいと思います。

・私は、ステップ①については、子どもよりも課のメンバーに対しての方が意識できていると思うので、特に子どもと接する時により意識していきたいと思います。

ステップ② ゴールイメージをもつ

 どうなってほしいのかというイメージを持ち、共有する/思いを伝える

・①の次に大事。これがしっかりできていれば、③のステップがうまくいくことが多い。

・子ども(メンバー)自身がゴール・イメージを理解、納得していることが大事。

・ゴールイメージは、曖昧ではなく、はっきりと伝える。

・建前ではなく、本気で思っていることであれば、子ども(メンバー)に伝わることが多い。

ステップ③ ナビゲートする

 自分でできるようになってもらうために様々な接し方を試してみる/信じ、見守る

 (良い例を見せる、一緒に取り組む、必要ならば助ける、質問する、等)

・①と②のステップがしっかり踏めているのであれば、子ども(メンバー)の特徴を頭におきながらトライ・アンド・エラー(仮説検証)していけば、子ども(メンバー)はできるようになることが多い。

・複数の選択肢を与える、主導権を子ども(メンバー)に握らせる。

・ナビゲートする方は「私がなんとかしなければ!」と思い過ぎない。肩の力を抜いた方がいい。

・子ども(メンバー)自身に、取組み方法や解決策を考えることを委ねる。

******************************************************************

実際の講義では、ロールプレイを通じて子どもの気持ちを疑似体験したり、ディスカッションで自分の考えを述べたり、他の方や講師の方の意見に耳を傾けたりしながら、上記のステップをより深く理解していくことになります。

ロールプレイについては、皆様とても上手く(特に子供役)、なかなか面白かったです。参加者の殆どが関西人だからでしょうか…

ディスカッションや意見発表については、やはり最初は皆さん控え目だったのですが、少し経つと活発な意見交換が始まり、時間が押してしまうほどでした。人の話も、皆様よく聴いておられました。勤務先でもこのぐらい議論が活発に行われればなぁ…

この講義で学んだことを、そのまま課のメンバーに対して(職場で)実践できるかについては、正直なところ少し疑問が残っているのですが、とりあえず少しずつ意識してみようと思います。

思っていたよりも中身の濃い講義でした。結構疲れましたが、参加できて良かったです。東京でも、オンラインでも開催されている講座ですので、ご興味のある方はぜひ参加してみて下さい!

アイルランド音楽について思うこと(備忘録的に…)

長いことアイルランド音楽をやっていると、いろいろと思うこともあるのですが、すぐに忘れてしまうので、備忘録的に…

といっても、それほど吹ける(弾ける)訳ではないので、あくまで参考程度に…

<始めやすい>

・ホイッスルなら千円ちょっとで買える。

・曲が、繰り返しが多く、短いので、覚えやすい。

・伴奏がなくても成り立つ音楽なので、一人だけでも楽しめる。

・基本ユニゾンなので、初心者の時は、出来る人が一緒に合わせてくれて、とりあえず曲の最後まで行き着くことができる。

<長く続けられる>

・昔からある曲が無数にあり、新しい曲もどんどん出てきており、やりたい曲がいくらでも出てくるので、飽きることがない。終わりがない…

・バンドが好きな人は、メンバーを募ってバンドをしたり、セッションが好きな人は、いろいろなセッションに参加してお気に入りのセッションを見つけたりして、それぞれの好みにあった楽しみ方ができる。

・楽器がコントロールできるようになってくると、装飾音、バリエーション等、いろいろ試すことができて、より楽しくなってくる。

・曲は覚える(譜面は見ない)ので、楽器さえあれば、いつでもどこでも楽しむことができる。

・時間とお金が許せば、本場(アイルランド、イギリス、アメリカ等)に行って、更なるレベル向上を目指すことができる。

・時間とお金がなくても、他の音楽同様、ユーチューブ、CD等でいくらでもいい演奏が見つかるので、レベル向上の材料には事欠かない。

・フルートやコンサーティーナは、楽器のメーカーの話題も、また楽しい。

<セッションで気をつけたいこと>

・まずは兎に角、リードする人(ホストの方)の音をよく聴き、音程、リズムの頭を合わせることを意識。その上で、リードする人の弾き方、ノリに合わせるよう努力、工夫してみる。

・自分よりも少し上のレベルの人と合わせられたら、一番勉強になるし、楽しいかなぁ…

・初心者の時は、ある程度やる曲が決まっている練習会等で、皆でゆっくりと曲を弾く方が楽しめるかもしれない…

・ある程度弾けるようになったら、他の人が出した曲を録音して耳コピし、練習してみるのも楽しい。時には、自分の楽器では引きにくい曲にチャレンジするのも勉強になると思う。

・特に、同じ楽器の人と音程が合わないと、お互い非常に辛いので、なんとか合わせるよう頑張る。

コンサーティーナを弾くときに気をつけたいこと(試案)

私がコンサーティーナを弾くときに気をつけたいと思っていること。

・楽に弾こうとすると、ついつい手首で蛇腹の押し引きをしてしまうが、その方法ではきびきびと楽器の切り返しができないと思うので、肩から先の腕全体で蛇腹の押し引きをすること。腕全体で、しっかりと楽器を挟み込む感じ。

・基本的には、できるだけ音をのばす(音をつなぐ)ようにする

・指先に力を入れ過ぎない。軽やかに、しなやかにボタンを押すイメージで。

・曲を覚えて弾きとおせるようになったら、今度は、すべての音を均等に弾くのではなく、強弱等で曲に表情をつけるようにする。

まだまだ下手なので、今のところこの程度です。もうちょっと上手く弾けるようにならないかなぁ…

フルートがスランプの時に気をつけること(試案)

アイリッシュ・フルートを始めて、もう、かれこれ15年以上になるのですが、初めに吹き方をきちんと習わなかったせいもあって、未だによくスランプに陥ります。

特に、きちんとした音が出なくなると、本当に落ち込みます…

という訳で、スランプから早く脱出できる為にはどうしたら良いか、あれこれ考えたことを書いてみました。

<いつも気をつけること>

⇒まず、唇を歌口に当てる前に、唇を軽く引き、その上で唇の中心部分を緩め、息がしっかり出る、息のスピードを自在に変えられるアンブシュアを作る。

⇒気持ち上唇が下唇に被さるようにして、息の通る道をしっかり確保する。上唇を被せる時は、真ん中だけでなく、もう少し幅広く被せて、息の通る道を確保する。下唇は突き出さないように、上唇よりも「すぼめる」感じで(僅かに下の歯に巻き込む感じ)。

音を出す前に、必ず上唇も下唇も軽く引き、歌口に狙いを定めて息を出す。高い音を出す時は、少し引きを強める。唇が引けていないと、音が悪くなる。

⇒歌口は内側に向け過ぎず、気持ち外側に向けるよう気をつけて、唇に当てる。

歌口を下唇のどの辺りに当てるかが重要。いい位置よりちょっと下だと高音がきれいに鳴らないし、ちょっと上だと高音と低音との移動がスムーズに出来なくなる。高音も低音も楽に音が鳴らせる場所を探ること。

⇒「今日は、うまく息が歌口に入っていかないなぁ…」と思うと、息を入れようと、あごを引き、歌口をより内側に向けようとしてしまいがちだが、逆。あごを軽く上げ(正面を向き)、歌口を若干外側に向けたほうが、息が下に行き易く、歌口に入り易くなり、いい音になる 。

⇒クリアな音色がうまく出せない(どうしても音がかすれる)時は、息がうまく下方にいく(顎の方へ吹き下ろせる)アンブシュアを意識すると、改善することがある。うまく修正できれば、音色が改善するだけでなく、息も長くもつようになる。

脇は締めない。少し脇を空けた方が、肺に息が入り易くなり、高音がいい音になる。

<症状:低い音が殆ど鳴らない。>

⇒音孔をきちんと塞げていないことが多いので、きちんと塞ぐよう気をつける。ただ、指に音孔の跡がくっきりついていたり、指が疲れていると、頑張ってもきちんと塞げないこともあるので、その場合はしばらく休む。(指が短いので、将来的には、音孔の小さなフルートを試してみる予定。)

⇒十分な息が出ていないこともあるので、その時は、下の歯と下唇の間に僅かな空間(薄い空気の膜)を作るような気持ちで、たっぷりと息を出す。これは、高音で大きなしっかりした音を出す場合にも言えるかも…

⇒疲れていたり、眠かったり、既に吹き過ぎで息が出なくなっている場合には、早めに諦めてしばらく休む、寝る。

<その他…>

⇒息を出すときは、「口から息を出す」「お腹から息を出す」というよりは、「喉から息を出す」ことを意識した方が、しっかりした音が鳴る、音が安定するような気が…

⇒セッションでセットを吹き切る為には、常に下腹に少し力を入れて安定させる必要があるようだ…特に息継ぎをした直後に下腹の力が抜けてしまわないよう留意する必要がありそう…

⇒良いアンブシュア等が作れていれば、低音から高音まで、軽く吹いただけでよい音が鳴るはず。そんなにしんどくはならない…

⇒頑張って息を強く出しても音量が出ない、響かない時は、逆に、力を抜いてゆったり吹いた方が、音が響いてくれることが多いと思う。

⇒セッションでフルート吹きが多いと、自分の音が聞こえなくなる時がある。そんな時は、もっと大きな音を出そうと頑張るのではなく、力を抜いて音量を落とし気味にして、擦れの少ない芯のある音で吹いたほうが、自分の音が聞こえるようになるようだ…

⇒Long Fを使う時は、左手薬指を伸ばしきらないで若干緩めた方が、左手小指をコントロールしやすい。

⇒上のEは音がひっくり返り易いので、あまり強く吹かない。

⇒上のBを吹く時は、音が悪くならないよう、右手の薬指をしっかりあげること(支えに使わない!)。

⇒Dの「ダブルストップ」や「クラン」は、前半のカットは軽めにして(指をそれほど上げないで)、拍にはめる最後のカットだけしっかりと装飾した(指をしっかりと上げた)方が、曲の流れを阻害しないと思う。

⇒High Cのキーを早めに放してしまいがちなので、次の音に移るまでしっかりとキーを押さえておくこと。

⇒一人で吹く時は、のっぺりとした演奏にならない為に、ある程度リズムを強調した吹き方が必要だと思う。一方、セッション等で他の人に合わせる時には、リズムをそれほど強調せず、音程等により気を遣った吹き方をした方がいいと思う。

⇒セッションで自らセットを出す時は、上記の2つの吹き方を臨機応変に使い分ける。私のように体力、肺活量のない人は、他の人達が引っ張ってくれている時に少し力を抜いた演奏をして体力を温存し、次の曲に備えることも大切だと思う。

【売れました!】アイリッシュ・フルート売り出し中 <Glenn Watson/Eb管>

他の方にお譲りすることができました。ありがとうございました。

--------------------------------------------------------------

Glenn Watson 氏製作のEb管フルート(キーレス)を売りに出します。(100,000円/ケース付)

製作年は2012年です。木材の種類はMopaneで、頭部管は、歌口までは金属管が入っていないPartially Lined Head-Jointです。

有名なフルート吹きでは、John BlakeがWatson氏のフルートを使っているようです。

なかなか吹きやすいのですが、最近、ほとんどEb管を吹かなくなってしまったので、売り出すことにしました。

現在、新たに注文すると、待ちの期間は半年程度で、価格は、ケース、送料、消費税を含めると130,000円~140,000円程度になると思います。

Watson_1 Watson_2 Watson_case_1 Watson_case_2

Watson_headjoint_1 Watson_headjoint_2 Watson_headjoint_3 Watson_middlejoint_1

現在、大阪在住ですので、関西圏のセッションであれば、楽器をお持ちして、試奏してもらえるかと思います。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

«自分の1日を「50英文」で表現

Twitter